初めてでも分かる!個人事業で起業する方法5ステップ

初めてでも分かる!個人事業で起業する方法5ステップ
起業したい!と思っている人は案外多いのではないでしょうか?理由は人それぞれですが、「昔からカフェを開くのが夢だった」「フリーになって自分の思うような仕事をしたい」などあると思います。そのためにお金の準備やスキルアップの努力をしている方もいるでしょう。しかし、起業したいと思う反面、その方法に疑問や不安を持つ人もいるかと思います。「起業ってそれくらい資金が必要なの?」「どこかに届け出を提出しないといけないの?」「税金についてよくわからない」などなど。今回の記事は起業する方法をいくつかのステップにしたがって紹介したいと思います。

 

初めてでも分かる!
個人事業で起業する方法5ステップ

 

1.必要なものを用意する

起業するにあたって以下のものを準備する必要があります。

個人事業主開・廃業届出書
個人事業開始申告書
銀行口座
印鑑(シャチハタ以外)
住民票(口座開設用)

たったこれだけ?と思う人もいるかもしれませんが、個人事業を起業するのに必要なものはそれほど多くありません。また、書類を提出するにあたって、料金は発生しません。これだけだと、なんだか簡単で気軽に感じませんか。しかし、初めて書く書類ですから、どこで手に入れられるのか、どこに提出するのか等の疑問があると思いますので、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

2.口座を開設する

口座を持っている人は多いかと思いますが、起業する際には新しい口座を開設することをおすすめします。なぜなら、プライベートと仕事の口座を一緒にすると、帳簿をつける際にそれらを分ける必要があり、領収書が多いとその作業はなかなか大変です。また、税務調査が入った場合、帳簿と口座がきちんと合っているのか確認するため、私用の入出金について調べられる可能性があるからです。やましいことはなくても、プライベートの入出金を知られるのは気分がよくないものです。そういったことを防ぐためにも、仕事用の口座を用意した方がいいと思います。
また、どの銀行にするべきか悩むところだと思いますが、自分に合った銀行を探すことが大切です。取引先の多くが使用している銀行口座があれば、同じところの方が手数料がかからなくていいでしょう。使用頻度の高そうな特定の銀行がなければ、手数料が少ないところの方がいいですよね。それぞれの銀行でメリット・デメリットがありますので、しっかりと調べて自分に合った口座を開設しましょう。

 

3.個人事業の開廃業等届出書を提出する

個人事業を開始する場合、開業後1カ月以内に「個人事業の開廃業等届出書」を管轄の税務署に提出しましょう。書類には開業日、屋号、事業の概要について記入する欄があります。開業日は店舗の開店日を記入するのが普通です。屋号は店舗名を記入します。屋号をつけない場合は空白でかまいません。事業の概要は「靴の販売」「カフェにて飲食の提供」等、この程度で十分だと思います。
個人事業の開廃業等届出書はウェブ上でダウンロードできますので、事前に記入して税務署に行くことができます。しかし、初めてのことですから、税務署へ行ってその場で質問をしながら記入した方がいいと思います。その際、印鑑が必要となりますので忘れずに持って行ってください。また、ここで一番気をつけたいことは作った書類をコピーすることです。実は個人事業の開廃業等届出書は控えがもらえません。ですから、提出用とコピーを作り、どちらにも受領印を押してもらい、コピーの方には控えの判をしてもらいましょう。

 

4.所得税の青色申告承認申請書を提出する

個人事業の開廃業等届出書を提出する際には、「所得税の青色申告承認申請書」も併せて提出しましょう。これを提出しないと白色申告になっていまいますので注意が必要です。青色申告は開業から2ヵ月以内に提出する決まりがあります。個人事業の開廃業等届出書を提出しに税務署に行きますから、同時に出した方が一度で済んで楽だと思います。
「青色申告と白色申告って何のこと?」と思う人もいるかもしれません。二つは申告の違いは、帳簿を作成するかしないかにあります。白色申告はある一定の収入を超えない限りきちんとした帳簿なしで申告できます。一方、青色申告は複式簿記による帳簿書類、または簡易帳簿を作成することが義務となります。青色申告は面倒のように思われますが、そのかわりいくつかの控除等が受けられる利点があります。つまり、税制上の優遇措置を受けることができるのです。帳簿をつけたことがない人でも、今は会計ソフトを利用すれば簡単に帳簿ができますので、青色申告にした方が断然お得です。ぜひ青色申告を選びましょう。こちらの書類にも印鑑が必要です。また、個人事業の開廃業等届出書同様、控えがもらえませんので、コピーを用意しましょう。

 

5.個人事業開始申告書を提出する

税務署に「個人事業の開廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出したら、次は「個人事業開始申告書」を管轄の都道府県税事務所と市区町村役場に提出しましょう。住所や業種を主に記入することになります。書類は市区町村役場の市民税課等で申し込めば記入用をもらえますので、開業後できるだけ早く提出してください。提出期限は自治体によって異なるので注意が必要です。ただし、地域によっては管轄の都道府県税事務所のみの提出で済む場合があります。書類をもらった際に確認してみましょう。

 
いかがだったでしょうか?

見慣れない単語ばかりで少しとっつきにくい部分もあったかもしれませんが、やることは口座を開設する・書類を3枚提出するのみです。何から始めたらいいかわからなかったという人は今回紹介した手順を参考に、起業の準備をしてみてはいかがでしょうか。この記事が起業する方の不安や疑問を少しでも解決することができたら幸いです。

 

まとめ

初めてでも分かる!個人事業で起業する方法5ステップ

1.必要なものを用意する
2.口座を開設する
3.個人事業の開廃業届出書を提出する
4.所得税の青色申告承認申請書を提出する
5.個人事業開始等申告書を提出する


連記事