初心者でも簡単!基礎から学ぶネットビジネスの種類7つ

初心者でも簡単!基礎から学ぶネットビジネスの種類7つ
ネットビジネスには、様々な種類があります。ここでは、代表的な7つのネットビジネスの基本を学びます。いずれの場合も、すぐに利益があげられるというような簡単なものではありませんし、利益を上げるためには、それなりの努力が必要になります。しかし初心者でも創意と工夫次第では、効率的に利益を伸ばせる可能性があります。まずは、自分に合ったネットビジネスを知ることが大切です。ここで、代表的な7つのネットビジネスの基本を学びましょう。

 

初心者でも簡単!
基礎から学ぶネットビジネスの種類7つ

 

その1:アフィリエイト

アフィリエイトとは、いわゆる成功報酬型広告のことです。企業の代わりに商品を紹介し、紹介手数料をもらう仕組みです。小資本でリスクなく始めたい人向けのビジネスです。転売系のように、多額な初期費用も在庫リスクもありません。また、コンテンツビジネスのように、有益なコンテンツを生み出す能力も不要。つまり最もリスクの低いインターネットビジネスなんです。インターネットビジネス初心者には、とってもお薦めです。アフィリエイトに関しては、完全に初期費用ゼロからはじめることもできます。アフィリエイトにも作業はもちろん必要ですが、一度仕組みを作ってしまえばほったらかしでも収入が得られるのが魅力です。ですので、まず初めにやるネットビジネスとしては、初期費用をかけずノーリスクで成果を出すことができる、アフィリエイトはお薦めできます。

しかし、実際にアフィリエイトで月5,000円以上稼いでいる人は、全体のたった5%しかいないという厳しい現実があるのも事実です。

 

その2:ドロップシッピング

無在庫販売とも言われます。企業と提携し、在庫を持たないまま商品を販売するビジネスです。アフィリエイトと違うところは、自分で商品を販売するというところと、自分で商品に値段をつけることができるということです。商品仕入の品目、出品方法、販売価格の設定等、工夫次第では、効率的に利益を伸ばせる可能性があります。在庫リスクが出たりするという問題はありませんから、インターネットビジネス初心者がやるには、お薦めできるものだと思います。しかし、利益を上げるためには、やはり、かなり気合を入れてかからないと厳しい現実があります。

 

その3:せどり・ネットオークション転売

せどりとは、ブックオフやネットを使って、本やCD、DVDなどを安く仕入れ、それをネットで高く売ることで、差益を得るビジネスです。ネットオークション転売とは、せどりと同様で、ネットやフリーマーケットなどから商品を安く購入し、ネットオークションを使って高く売り、差益を得るビジネスです。面倒くさそうに思えるかもしれないですが、商品の仕入、出品方法、落札後の対応等、創意と工夫次第では、効率的に利益を伸ばせる可能性があります。こういったものを習得して実践すれば、利益を上げられる可能性は高いですが、但し、まとまった初期費用が必要となったり、在庫リスクが出たりするという問題があります。インターネットビジネス初心者がやるにはかなり本腰を入れてかからないと厳しい現実があります。

 

その4:メールマガジン

自分の知識や持っている情報をメールという形で読者に発信し、購読料を得るというものです。人気が出るまではメルマガの購読料を払ってくれる読者はいないので、メルマガ内に広告を掲載することで収入を得ることになります。ほとんどの場合がアフィリエイト広告を載せることになるのでアフィリエイトの1つの種類と言えます。メルマガは一度書けば、多数の人にリアルタイムで情報発信ができるため、他のネットビジネスに比べるとある程度読者を得ることで、安定した収入が得られます。しかし、発行人の個人情報をメルマガに掲載しなくてはならないなど、サラリーマンの方などが副業ではじめるにはかなり敷居が高いものでしょう。

 

その5:輸入・輸出ビジネス

海外から商品を輸入、または輸出し、販売差益を得るビジネスです。円高の現在、輸入ビジネスに参入する人が年々増えています。今の時代ネットが本当に便利なので家にいながら輸出入出来ます。多くの収入が期待できるのもこの転売ビジネスです。しかしある程度の資本金がいるので学生には不向きです。当然スキル的にも、海外が相手なので、ビジネス展開に必要な外国語の語学力などが必要になります。

 

その6:情報商材販売

主に情報商材といわれる商品を販売することで、直接収入を得る方法です。情報商材をPDFで作成したり動画として用意したりして2万円前後で売るビジネスです。すごくいいものがありますが役に立たないものもあります。ブランディングを得意とし自分の提供するコンテンツに自信を持てるのであればお薦めできます。これの良い所は、「皆が売ってくれる」という事です。例えば、ある教材は、何百人という人がアフィリエイトをしてくれていて、16800円の教材なのに、5000本以上売れているなど、ということがあります。

 

その7:コンテンツビジネス

ネットを使って稼げる方法を直接教えたり、セミナーを開いたり、コンサルティングをすることで収入を得る方法です。アフィリエイトなどで大きな成果を上げた人たちが行うことが多いです。これは中・上級者向け。信用のない初心者が始めても、効果がありません。上記のビジネスで一定の成功を収めれば、自分なりの方法論を蓄積し、それを他人に与えて再現できるので、需要は非常に高いです。ただし、相当の実績を持っていないと、成り立たないので、初心者がすぐに一攫千金、というわけには行きません。また、コンサルティングもお勧めです。ある程度稼げる様になったら、「教える側にまわる」という事をするだけで、稼ぎの桁は1つ上がります。

 
如何でしたか?

基礎から学ぶネットビジネスの種類7つを紹介してきました。どれにも、それぞれの特色があります。ご自分で始めようと考えている方は、それどれのネットビジネスの特色と自分自身の性格などを鑑みて、熟慮してから、始めるほうが良いと思います。ネットビジネスに限らず、どの様な仕事でも、すぐに利益が簡単に出るなどということは決してありませんので、粘り強く地道に頑張るしかないのでしょう。千里の道も一歩から。

 

まとめ

初心者でも簡単!基礎から学ぶネットビジネスの種類7つ

その1:アフィリエイト
その2:インフォプレナー
その3:せどり
その4:ネットオークション転売
その5:ドロップシッピング
その6:輸入・輸出ビジネス
その7:コンテンツビジネス


連記事