ネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズを掴む7つの改革

ネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズを掴む7つの改革
最近は実に沢山の方々がインターネット業界に進出し、ビジネスを展開しています。よくテレビでは「インターネットビジネスで年収1億の若手会社社長!」などと特集を組んでいるので、業界の事をあまり知らない人からすればなんだかインターネットビジネスは儲かるのではないかと思ってしまいますよね~。けれど、全員が成功しているわけではありません。むしろ成功者の方が少ないと言って良いでしょう。

テレビでは、ごくわずかな成功者の一人をピックアップしているだけなのです。ですから、ネットビジネスに失敗している人がたくさんいるという現実を、まずは受け入れる必要があるのです。けれど「失敗は成功のもと」と言いますから、失敗が悪いと決めつけるのは間違っています。

そこで今回は、こんなテーマにしてみました。題して「ネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズを掴む7つの改革」です。失敗にこそ、今本当に知るべき市場ニーズが隠されているのです!少し難しいかと思いますが、じっくり読んで頂ければ絶対に誰にでも分かる内容となっていますよ。

 

ネットビジネス失敗談から学ぶ
市場ニーズを掴む7つの改革

 

敵が多い戦場には行かない

「ネットビジネスは誰でも気軽に始められるし、やれば儲かるだろう」「皆と同じことをすれば、自分だって稼げるだろう」という考えの人がネットビジネスを成功させられるわけがありません。ネットビジネスで失敗する人の多くが、周りと同じような事をして潰されているパターンです。つまり、敵が多い戦場に行けば誰しも潰される可能性あるというわけです。ですから、自分の頭の中にある根本的な考えを変えていかなければいけません。王道のネットビジネスで儲けようとしても敵は沢山います。ですから、まだ開拓されていないインターネット市場に目を付けていきましょう。

 

マーケティング戦略で市場ニーズを掴もう

ネットビジネスの中でも、トレンドアフィリエイトや輸入転売などの場合は、テンプレート化されたものを試行錯誤しながら、作業量を増やしていくことで稼ぎを増やしていっています。けれど、全てのネットビジネスを作業量だけに頼っていては、必ず失敗する時が来ます。実際にとにかく作業量を増やしながら、地道にネットビジネスをされていた方は、こんなことを言っていました。「作業量には限界があるし、行き詰った」と・・・。この失敗談から学べることは、ネットビジネスはただ闇雲にするのではなく、綿密なマーケティング戦略があった方が成功するという事です。特に成果報酬型のものは、市場ニーズとにらめっこしながら、きちんとマーケティング戦略を立てていくべきです。

 

ブログビジネスはもう古い!

近頃は、有名女性芸能人や一般の方のブログに、美容関連グッズや飲食クーポンなどの広告を載せて儲けるネットビジネスが目立ちます。確かに、現在はニーズがあるでしょうが、長くは続かないと思います。実際にいくつかのブログを立ち上げて、ネット広告ビジネスを立ち上げている方は結構いらっしゃいますが、その大半は鳴かず飛ばずの業績です。ブログビジネスで儲けられる人は、ごくわずかだという事を忘れてはいけません。さぁ、ここからがネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズです。情報量の少ない日記でるブログに広告を載せるよりも、役に立つようなノウハウ系やハウツー系の記事をもとにしたネットビジネスが儲かるはず!・・・これはあくまでも予想ですが、当たる自信はあります。

 

これがあったら便利だな!を常に考えよう

ネットビジネスって、常に時代の最先端をいくビジネスだと思います。けれどネットビジネス初心者の方は、ついつい誰かの真似をしたくなりませんか?それでは、成功する可能性よりも失敗する可能性の方が高くなっても仕方ありません。なぜなら、誰かを真似るという事は、同じ土俵の上で勝負しなければいけない人がたくさんいるという事です。「ネットビジネスで失敗した!」という人は、同じようなビジネスをしている人に勝てなったというわけです。ですから、現在ネットビジネスに求められているものを見つけるには、日々の生活の中で「これがあったら便利だなぁ」ということを見つけていくのです。究極論を言えば、「あなたが欲しいサービス=市場ニーズ」と捉えても良いでしょう。

 

甘い誘惑からは、利益が生まれないことを理解しよう

主婦でも出来る!誰でも100万円儲けられる!という甘い言葉に騙されては行けません。ネットビジネスは、始めれば儲けられると勘違いしている方が非常に多いので、まずはその感覚を変えなければいけません。誰でも出来るネットビジネスの中には、いわゆる「ねずみ講」のような悪質なネットワークビジネスもあります。確かな市場ニーズを掴むには、根本的に「甘い誘惑は、利益を生まない」ということをきちんと理解しておく必要があります。そうでないと、いつまで甘い誘惑の罠に引っかかり、いつまでたってもネットビジネスは成功しません。

 

手当たり次第、新しいことに手を付けない

ネットビジネスで失敗する人に共通していることは、手当たり次第に色々な事をしてしまう人です。実は、ネットビジネスというのは積み上げがとても大事なのです。例えば、1記事だけ更新されたブログと毎日更新されて5年間続いているブログだったら、間違いなく情報量の多い5年間続いているブログを見ると思います。このように、ネットビジネスは基本的に地道な作業が多いので、根気強く続けていくことでユーザーの信頼を勝ち取り、利益につながることも多いです。

 

ネットビジネスに費やす時間を増やそう

ネットビジネスの市場ニーズを掴みたいのなら、今よりももっとインターネットと関わる時間をもちましょう。基本的な事ですが、それに限ります。どうしてもネットビジネスは副業でやられている方が多いので、片手間になってしまいがちですよね。けれどインターネット市場のことをもっと良く知りたいのなら、とにかくネットビジネスに費やす時間を増やす事が一番の方法だと思います。

 

いかがでしょう、「ネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズを掴む7つの改革」と題してお送りいたしました。今回1番お伝えしたかったことは・・・成功したネットビジネスを真似るのではなく、失敗談からこそ学ぶべきことがたくさんあるという事です。自らの頭で考えて、綿密なマーケティング戦略を行ってこそ、あなたのネットビジネスはきっと成功に近づくはずでしょう。

 

まとめ

ネットビジネス失敗談から学ぶ市場ニーズを掴む7つの改革

・敵が多い戦場には行かない
・マーケティング戦略で市場ニーズを掴もう
・ブログビジネスはもう古い!
・これがあったら便利だな!を常に考えよう
・甘い誘惑からは、利益が生まれないことを理解しよう
・手当たり次第、新しいことに手を付けない
・ネットビジネスに費やす時間を増やそう


連記事