【ネットビジネス失敗例】誰もがうっかりはまる7つの落とし穴

【ネットビジネス失敗例】誰もがうっかりはまる7つの落とし穴
パソコン1台あれば、誰でもできるネットビジネス。FXやネットオークション、ドロップシッピング、アフィリエイト…など、種類はさまざまです。気軽に副業感覚で始める人が多いのですが、その大半がビジネスとしては成り立たず、挫折してしまっています。なぜ、挫折してしまうのでしょうか?

今日はそんな、ネットビジネスの失敗例、誰もがうっかりはまる7つの落とし穴についてお伝えします。

 


【ネットビジネス失敗例】
誰もがうっかりはまる7つの落とし穴

 


覚悟と信念が足りない

初心者がネットビジネスに対して抱きがちなイメージは、1日に少しパソコンで作業するだけでお金になる、というものではないでしょうか?確かにパソコンさえあれば、誰でも、初期費用もほとんどかけずに立ち上げることも可能です。しかし、そのように敷居が低いということは、ライバルがたくさんいるということです。そんなライバルに競り勝ち、ビジネスとして成立させるためには、1日少しといった甘い考えは受け入れられません。ネットビジネスもビジネスに変わりありません。真剣に取り組む覚悟と、絶対にあきらめない信念がある人のみ、成功が約束されているものなのです。

 


塾に高額の授業料を払ってしまう

覚悟と信念は必要ですが、その覚悟が空回りしてしまうこともあります。例えば、立ち上げる前に、総額何十万円もするようなセミナーや経営塾などに入会することです。「絶対儲かる」などの誘い文句につられて、入会しそうになった人も少なくないのではないのでしょうか?机上で学ぶだけで儲かるビジネスはありえません。ビジネス成功の鍵は、質の良い商品やサービスを地道に営業することです。そういう努力をやりぬく覚悟と信念が、何より重要なのです。

 


サイト作成にお金をかけ過ぎる

同じような空回りとして考えられるのが、立ち上げ時のサイト作成にお金をかけ過ぎることです。確かにサイトは、ネットビジネスにとっては店舗そのものです。オシャレにしたい、目立たせたいなど、いろいろ凝りたくもなります。そのためウェブデザイン会社に依頼し、何十万円もかけてサイトを作成してもらう人も少なくありません。しかし、オシャレな、目立つサイトにしたところで、必ずお客様が集まり、お金が儲かるとは限りません。逆にその何十万円を回収するために、どれだけ時間がかかるでしょう?オシャレなサイト=儲かるサイトではありません。儲かるサイトには、見た目だけではない儲かる理由が必ずあります。

 


SEOにこだわり過ぎる

これは空回りとは言えないかもしれませんが、SEOにこだわり過ぎると落とし穴にはまることもあります。もちろんアクセス数を増やすことは、ネットビジネスにおいては必要不可欠なことです。しかし、上位表示させるため被リンクをたくさんもらおうと、高額なツールを買ったり、専門業者に依頼したりすることは要注意です。中には無料を騙り、後で高額請求されるサービスをうっかり利用してしまう人もいます。何十万円もの投資をするだけの価値があるのか、よく見極めなければなりません。

 


収益を上げることを忘れる

覚悟と信念を持って始めたはずなのに、いつのまにかツイッターのフォロワーを増やすことに夢中になっていませんか?ネットビジネスを始めた目的は、お金を稼ぎたい、ということのはずです。ツイッターやフェイスブックに夢中になっていては、お金を稼ぐことはできません。サイト維持にいくら時間をかけようが、お金を稼げなければビジネスではありません。サイトの維持ではなく、稼ぐことに時間をかけましょう。そのためにも、お金を稼ぐため無駄なことをしていないか、今の作業が利益につながっているのかなど、常に考えて行動しましょう。

 


商品管理と営業を怠っている

繰り返しますが、ネットビジネスはあくまでビジネスです。ビジネスである限り、成功のためには覚悟と信念だけでなく、技術や知識、経営計画や経営センス、営業努力や商品管理伝など、さまざまなことが必要になってきます。しかし現実には、ほとんどの人がそれらがないまま参入するため、当然のように失敗しています。ビジネスの基本は商品管理と営業です。商品、サービスの質がいま一つでも営業を頑張れば業績は伸びるし、商品がすばらしくても営業ができなかったら利益にはなりません。

 


長い目で見ていない

ネットビジネスでありがちなのが、1年どころか、数カ月やって儲からなければ、あきらめてしまうことです。真剣に取り組むなら、短いスパンで考えるのはやめましょう。数年、数十年単位の長期的なプランを立て、それに従い、地道な努力を積み重ねてください。誰でも結果が出ない時期はあります。それを乗り越え、長期的なプランに従い続けることができれば、また一歩成功に近づくことができます。

 

いかがでしたでしょうか。

敷居が低い分ライバルの多いネットビジネスは、一般のビジネス以上に、生き残りが難しいと言えるかもしれません。せっかく始めるのなら、成功のために、覚悟と信念を持って取り組みましょう。地道に営業を行うことが、成功への近道なのです。

 

まとめ

【ネットビジネス失敗例】
誰もがうっかりはまる7つの落とし穴

・覚悟と信念が足りない
・塾に高額の授業料を払ってしまう
・サイト作成にお金をかけ過ぎる
・SEOにこだわり過ぎる
・収益を上げることを忘れる
・商品管理と営業を怠っている
・長い目で見ていない


連記事