お金がほしい奴は家計簿を書け!記録に残す7つのメリット

お金がほしい奴は家計簿を書け!記録に残す7つのメリット
家計簿、と聞いて何が浮かびますか?「面倒くさい」「苦手だなぁ」「忙しくてそんな時間ないよ」というネガティブなイメージでしょうか。それとも、「貯金したくてもなかなか貯められない」「家計簿をつけるだけでお金が増えるならぜひやってみたい」と思うでしょうか。日常で使うお金の流れを、記憶ではなく記録する。家計簿をつけていくことで、気づけばあなたもお金を得やすい体質にグングンと変わっていくでしょう。記録する、という行為には想像を超える力とヒントが隠されているのです。今日は「お金がほしい奴は家計簿を書け!記録に残す7つのメリット」をご紹介します。読み終えた後、きっとあなたも家計簿をつけてみたくなるはずです!

 

お金がほしい奴は家計簿を書け!
記録に残す7つのメリット

 


固定費、変動費が分かる

家計簿に記録することで、まず初めに分かるのが家賃などの毎月決まった支出である固定費、食費などの毎月変わる変動費がどのくらいか、ということです。例えば、新聞をとってはいるけれど、ニュースのチェックはインターネットばかりで実際には読んでいな、なんてことはありませんか?水道・光熱費に関しても、銀行での引き落としを利用しているとあまり意識しないこともありますが、家計簿によって見えるようにすることで、どこをどう絞ればいいのか、そのポイントが分かるようになってきます。

 


ムダがなくなる

支出を見えるようにすることで、意外なところでムダ使いをしていたことに気づくことができます。行かなくてもいい集まりに参加し、気疲れでヘトヘトになって帰ってくることはありませんか?ついつい寄ってしまうコンビにで、買わなくてもいいスナック菓子に手を伸ばしてはいませんか?自分の生活パターン、食生活を見直すいい機会でもあります。ダイエットも食べたものを記録に残すことで、客観的に食べる量を把握することができますね。結果、ダイエットに成功した!なんていう声も、耳にします。家計簿をつけることで、贅肉のムダもなくなるかも!? ケチになるのではなく、生活のカチ(価値)を高めましょう。

 


健康になる

切符を買わず、カードを使っていると交通費の支出が見えづらくなります。また、飲みすぎて終電を逃してしまいタクシーなんてこともたまにはありますよね。交通費というのは案外バカにはなりません。終電のあるうちに帰れば、飲み代を節約することにもつながります。出費を抑えられるだけではなく、今日は一駅くらい歩いてみようかな、とか自転車を使おう、と行動にも変化が現れてきたら一石二鳥です。いつのまにか、健康なボディを手に入れ、頭もクリアになり、仕事も捗ること間違いありません。

 


貯金が楽しくなる

自分のお金の流れを把握することで、余裕が生まれてきます。今月はこれしか貯金できなかった、と思うより、少ない額でも、貯金できたことは素晴らしいこと。ぜひ自分を褒めてあげて下さい。溜まっていくお金はあなたが頑張った証です。ただ、お金にもエネルギーがあるので、貯めておくだけではなく、本当に欲しいもの、やりたいこと、いざというときのために大事に使いましょう。目標があれば、貯金をすることも楽しみに変わります。心配だから貯めるのではなく、使うときのワクワクした自分をイメージすることが大切です。

 


継続する力が育まれる

せっかく始めても3日坊主、なんてことではもったいないですね。
「継続は力なり」とはよく言ったもので、一つのことを続けると、他のことにもいい影響を及ぼします。ムダのないお金の使い方をしていると、生活パターンにも変化を及ぼし、自分の生活の中で規律がうまれます。そして何より続けることは、自分にも出来るのだという自信がつきます。完璧にやることではなく、続けることに目を向けてください。そのうち記録しないとなんだか気持ち悪いな、と習慣化していきます。そうなったらこっちのものです!

 


四季を通して、行動パターンが分かる

継続して記録することで、季節によって収支に変動があることが分かります。クーラーや暖房費の変動、といった生活に密接な費用から、医療費や娯楽費など、どの季節に出費が多く、少ないのか、を見ていくことで年間を通した自分の行動パターンを知ることができます。今、就いている仕事、業界の忙しさ、特徴なども改めて実感するでしょう。そして、決められた時間内で働きたいのか、フリーランスである時期に集中して稼ぎ、まとめて休暇を取れるようになりたいのか、そしてそのためにはどのくらいの給料が必要なのでしょうか。自分はどんな生活がしたいのか、というライフスタイルに対する価値観と向き合ってみる良いきかっけになるかもしれませんね。

 


夢が叶いやすくなる

あなたには、夢がありますか?夢、という大それたものでなくても、好きなことややりたいこと、欲しいものはありますか。ムダを省くことで、自分自身がどうしたいのか、はっきりしてきます。そして時間の使い方も上手になり、本当に大事なものや人により時間やお金を割くようになるでしょう。生活が変化することで、行動が変わります。そして、応援者や協力者が増えてきます。ストレスなく好きなことでお金を得る。やりたいこと、好きなことでお金を稼ぐ自分にこうして一歩一歩近づいていくのです。

 

いかがでしたか。

今や、家計簿をつけるのは主婦だけではありません。記録することは自分を俯瞰(ふかん)することにつながり、人生までも素晴らしく変えてしまいかねない奥深いものです。お金と上手につきあって、仲良くなって、素晴らしい人生を送りましょう。あなたの暮らしがますます豊かになりますように!

 

まとめ

お金がほしい奴は家計簿を書け!
記録に残す7つのメリット

・固定費、変動費が分かる
・ムダがなくなる
・健康になる
・貯金が楽しくなる
・継続する力が育まれる
・四季を通して、行動パターンが分かる
・夢が叶いやすくなる


連記事