お金を稼ぐ元ヤ○ザが語る、7つの商売方法一挙公開!

お金を稼ぐ元ヤ○ザが語る、7つの商売方法一挙公開!
暴力団関係者、俗にいうヤ○ザと呼ばれる人たち。彼らの生活はドラマや映画の中で大抵ドラマチックかつバイオレンスに描かれていることが多いですね。しかし、実際のところどうなのだろうと思っている人達も少なくないはず。そもそも、ヤ○ザとはどういう仕事なのでしょう。彼らは一体どういった方法で金を稼ぐのか、どうやって生計を立てているのでしょう。今日はそんな分かるようで分からない、謎に満ちたヤ○ザのお仕事「しのぎ」についてお話しようと思います。

 


お金を稼ぐ元ヤ○ザが語る、7つの商売方法一挙公開!

 


みかじめ料

ドラマや映画の世界でも時折登場することがありますよね。暴力団には自己の勢力範囲、いわゆる「縄張り」があります。みかじめ料というのはその「縄張り」の中で風俗営業などを行う、あるいは行おうとしている者に対し、営業料や用心棒の見返りとして徴収するものです。とはいっても、どこの店からも取るわけではありません。主に徴収の対象となるのはソープランドのような風俗店にキャバクラやバー、スナックのような夜間に営業を行う飲食店、それにパチンコ店やゲームセンター、雀荘のような娯楽施設。時折、レンタルショップやCD店といった場合もあります。金額は大抵一ヶ月あたり一万から十万くらいが相場ですが、店の売り上げや規模によって変動はあります。また、縄張り内の路上で客引きやスカウトを行う者から一日単位で徴収する暴力団もあります。

 


リース料

警察の目をかいくぐるため、先程紹介したみかじめ料が少々形を変えたものが、このリース料です。その名の通り直接店から現金を徴収するのではなく観葉植物などを店に貸し、相場よりも法外なレンタル料を取る、というもの。実はこれ、普通のレンタル業者が行う分には単なるボッタくり業者というだけで合法ですが、暴力団が行うと違法です。そのため大抵は関連企業などに業務委託することで警察の目を誤魔化します。なおこれに関しては、リース料を徴収する目的だと知りつつ、銀行口座を暴力団に貸していた飲食店経営者が逮捕されるといった事例もあります。

 


キャバクラ・風俗店・アダルトビデオ会社の経営

キャバクラや風俗店、アダルトビデオ会社など、性産業はヤ○ザと関わりの深い業界です。一昔前は「借金が原因で風呂に沈められる」などという言葉もありましたが、これはあながちフィクションだとは言い切れません。その1やその2のように間接的に関わっている場合とは違い、これは直接ヤ○ザが自分たちで店の経営を担っています。とはいうものの警察に暴力団が経営している実態は隠さなければなりませんので、そういった店の多くが雇われ店長や雇われ社長を隠れ蓑にしています。

 


建築・不動産業

建設および不動産業界というのは意外にヤ○ザとの関係が深い業界です。現に建設会社というのは一部の大手上場企業を含め、初代がヤ○ザだったというのは少なくありません。不動産業では高く売れる土地をいかに安く買い叩くかというのが、そのまま利益に繋がります。「地上げ屋」という言葉もありますが、こういう場合相手がヤ○ザだというだけで、相手を萎縮させ取引を有利に運べる場合も数多くあります。またそれは建設業界も同じで、いかに安く人を雇うかというところが収益の鍵になります。ホームレスや多重債務者などを寮などに入れて働かせ、その日当をピンハネすることでヤ○ザは多額の利益を得ます。

 


産業廃棄物処理

先にお話した建築・不動産業の関連会社として、これを一緒に「しのぎ」としているヤ○ザ、実は結構多いです。産業廃棄物というのは正規の手順で処理をすると大した稼ぎにはなりません。しかしヤ○ザの場合、不動産業で手に入れた安い土地と建設業で集めた安い人員があります。山奥などの安い土地に安い労働力で大きな穴を掘り、ポイポイと産業廃棄物を捨てるだけ。悪質な場合だと土地すら用意せず、そのまま海や山に不法投棄してしまう場合も。この場合は土地代すらかかりませんので、正に手数料がそのまま丸儲けで結果、ぼろ儲けというわけです。

 


トラブル処理

要するに「用心棒」です。「バックにヤ○ザがついている」という脅し文句がありますが、実際トラブルに見舞われた際、ヤ○ザの介入というは一種の抑止力になります。多いのが暴走族の「ケツモチ」。ヤ○ザがある暴走族の面倒を見ていたとして、彼らが他の暴走族やその背後についている別な暴力団と揉め事になったとします。すると、毎月彼らから一定の「ケツモチ代」を貰っていた暴力団が矢面に立ち、助けてくれるというわけです。

 


出会い系サイトを利用した美人局

「ちょっとお兄さん」からの「俺の女に何をする!」――時代劇でもお馴染みのこのやり取り、実は現代では立派なヤ○ザのしのぎのひとつとなっています。その温床となっているのがネット社会の魔窟のひとつ「出会い系サイト」。まず、サイトでのやり取りを利用してターゲットを呼び出します。そしてラブホテルに入っていくところで「俺の女に~」とその場で脅すこともありますが、そんな古典的なパターンから一歩進んだ美人局も。

あらかじめターゲットの会社や家族の有無などを調査したうえで、ホテルに入った女性に写真や映像などを撮るよう指示。それを使って、後日「家族や会社にばらまくぞ」などと脅迫する場合もあります。怖いのが十八歳未満の女子高生などが暴走族などの恋人を通してヤ○ザと繋がっており、未成年ながら彼らの共犯であるパターン。そうなると被害者も青少年保護条例や児童福祉法などで裁かれる立場であるため、下手に警察や弁護士に訴えることもできず、泣き寝入りする羽目になります。

 

さて、いかがでしたか。

もっとディープなお仕事も多々ありますが、ここではごく身近な場所で行われているヤ○ザの「しのぎ」をご紹介してみました。「もしかしたらあのお店」「もしかしたらあの人たち」なんて心当たりのある方もいるかもしれませんね。

 

まとめ

お金を稼ぐ元ヤ○ザが語る、
7つの商売方法一挙公開!

・みかじめ料
・リース料
・キャバクラ・風俗店・アダルトビデオ会社の経営
・建築・不動産業
・産業廃棄物処理
・トラブル処理
・出会い系サイトを利用した美人局


連記事