ラーメン屋開業のススメ!フランチャイズのリアルな開業7ステップ

ラーメン屋開業のススメ!フランチャイズのリアルな開業7ステップ
飲食業が未経験な人でも、脱サラを考えている人も、ラーメンに対する熱い想いと開店するための費用と、少額な加盟金があれば、有名フランチャイズのラーメン店の店主になる道が開かれます。通常は、修行して、ラーメン屋の店主になるものですが、フランチャイズのラーメン屋では未経験者の方でも開業できるスタイルをとっているところが多くあります。おいしいラーメンをお客様に提供したい、ラーメンが大好きというあなたの情熱で、年齢は問わず、フランチャイズのラーメン屋の店主となりラーメン店の開業によって新しい人生が始まります。成功すれば、今以上の所得のアップになる人もいることでしょう。フランチャイズのラーメン屋を開業するには、具体的にはどのようなステップを踏むのでしょうか。これから、その段階をご紹介していきます。

 

ラーメン屋開業のススメ!
フランチャイズのリアルな開業7ステップ

 

 


ステップ1 募集要項を確認して資料請求をする。

ステップ1 募集要項を確認して資料請求をする。
フランチャイズのお店によって、募集要項というものが示されています。フランチャイズのお店によってもこの募集内容は、違いますが、大まかには、次のようなものです。

客層やラーメンの単価
募集エリアや収益モデルとしての売上高や営業利益等
加盟金と開店費用とそれらの総費用等

これらの募集要項をインターネットで見て確認することも出来ます。まずは、大好きなラーメン店のフランチャイズの加盟の募集があるのか探してみましょう、これだ!と思うフランチャイズ店を検索して、問い合わせや資料請求をしてみましょう。

 


ステップ2 フランチャイズ店の加盟説明会に参加して面談をしてもらう。

目的のフランチャイズのラーメン店に問い合わせをして、自分についての簡単な紹介をして、面談のアポイントを取ってください。面談によって、詳細な説明があるでしょう。説明会というかたちでの面談の場合もあります。疑問点や心配なことなどもこの段階でわかるものは質問してみましょう。面談での態度では、意欲や人柄を見られますので、前もって、練習をしておくことも必要でしょう。ここで加盟の相談をします

 


ステップ3 仮契約をして、物件調査をしてもらう。

説明を受けて、ラーメン店の経営で成功したいという意志が固まったら、仮契約や加盟の申し込みということになります。契約の説明を受けてから仮契約によって、加盟申込金を支払います。金額は、100万円から150万円というところが多いようです。物件調査を依頼して、店舗物件を申し込みます。この物件調査では、市場の調査や内見の調査があります。物件調査の段階と同時に従業員を募集します。

 


ステップ4 店舗物件の契約をする

物件契約をします。そのために、手付金を支払い、物件の最終の交渉をします。手付金を支払うことで、店舗の物件が確定します。

 


ステップ5 本契約をして店舗の設計をしてもらう。入

フランチャイズのラーメン店の加盟についての本契約と店舗の設計をします。店舗の設計案は、フランチャイズ側から提案されますのでよく設計案を確認しましょう。設計の概略を確認したり、図面の説明を受けたりして下さい。納得がいくようでしたら、図面の作成をお願いして、業者に見積書の提出を頼みます。見積書を確認して、OKでしたら、建築業者が決定ということになります。これで、店舗についてはひと段落です。店舗の建築工事が開始されます。

 


ステップ6 経営研修をうけて実習を踏み各種手続きを済ませる。

開店を始める前に、フランチャイズのラーメン店の経営研修や実際の店舗での実習期間があります。フランチャイズの本店での研修をだいたい2週間から1か月ほど受けると安心です。そして、自分が経営していく店舗のオープンの日を決定します。ラーメン店開業の日よりも余裕をもって、各種営業に必要な手続きをします。保健所の手続や衛生管理責任者の手続きをしておきます。

 


ステップ7 自分のラーメン店の開店準備をする。

ラーメン店の店舗が出来上がったら、建築完成引き渡しとなります。開店の準備をします。この段階ですることは、募集していた従業員の勤務管理票を再考します。ラーメン店の中の装飾を考えます。そして、従業員の研修指導をします。開店時には、近所の人へも開店のあいさつに回っておきます。おいしいラーメンを提供するための食材の発注や保管管理をして、開店準備をします。保健所による立ち入り検査も受けておきます。

 

いかがでしたか。

ステップの各段階で、フランチャイズの良さで、各種のフォローをしてもらえるところが多いでしょう。開店時のスタッフの貸し出しもできるような店舗もあります。これらの7つのステップを踏んで、晴れてフランチャイズのラーメン店を開店し、ラーメン店の店主になるということになります。開店時にはお客さんがたくさん来て、忙しくなるでしょう。不手際のないように、全体の流れを見ることが大切になります。ラーメン店の雰囲気も店主によってかなり違ってきます。

脱サラや異業種へのチャレンジをして、好きな事を仕事にするという情熱次第で、地域でNO1ラーメン店になって、所得アップにつながることも夢ではありません。県によっては、限定されますが、国の「復興応援事業」によって、開店費用の3分の1が県から補助される場合もあります。また、そのほかにも人口の少ない地域でも、市町村によって、市外から、転入して、企業をすれば、企業資金の一部を補助するという制度もあるようです。店舗物件の地域の条件と合致すると資金調達ができるのであてはまるか、市町村の起業補助制度を確認しておくとよいです。

 

まとめ

ラーメン屋開業のススメ!
フランチャイズのリアルな開業7ステップ

ステップ1 募集要項の確認をして資料請求をする。
ステップ2 フランチャイズ店の加盟説明会に参加し面談をしてもらう。
ステップ3 仮契約をして物件調査をしてもらう。
ステップ4 店舗物件を契約する。
ステップ5 本契約をして店舗の設計をしてもらう。
ステップ6 経営研修をうけて実習を踏み、各種手続きを済ませる。
ステップ7 自分のラーメン店の開店準備をする。


連記事