サラリーマンの確定申告~副業がある場合の注意点9つ~

サラリーマンの確定申告~副業がある場合の注意点9つ~
サラリーマンが確定申告?そんなのしなくていいでしょ!と思いの皆さん。それが、副業をしている方の場合は必要になりますよ。これくらい大丈夫でしょうと確定申告していないと、いつの間にか脱税なんてこともありうるのです。でも、実際にサラリーマンの方の多くが確定申告っていう言葉は聞いたことがあるけど、その方法までわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は副業をお持ちのサラリーマンの方必見!確定申告の注意点をご紹介しします♪

 


サラリーマンの確定申告
~副業がある場合の注意点9つ

 


1、サラリーマンの副業、絶対に確定申告しなければいけないの?

全員が確定申告しなければいけないわけではありません。所得が20万以上になった場合に、確定申告する必要があるのです。しかし、ここで引っかかってくるのが「所得」という言葉だと思います。所得というのは、副業で稼いだ収入から必要経費などの雑費を差し引いた金額のことです。ですから、その所得が一年間で20万を超えていたら確定申告すべきで、超えなければしなくてもいいというわけです。一年間で20万円だと案外すぐ越してしまうのではないでしょうか。では、次の項目では必要経費っていったいどんな雑費のことを言うのかをお教えします。

 


2、副業の際の必要経費って何?

所得=収入-必要経費のことを言います。さて、必要経費っていったいどんな雑費のことを言うのでしょうか。これは、副業をする際に必要になったお金のことで、例えば副業がライターだった場合でお話しましょう。ライターの仕事をするにあたって、必要なのはパソコン・仕事をする部屋・パソコンや部屋の電気代・参考資料などですがこれがすべて必要経費とみなされます。これは、すべて自己申告ですので、自分が必要だと思った時点で計上していいと思います。

 


3、青色申告と白色申告って?

青色と白色で分けられていますが、これは単純に申告書の紙の色です。青色申告書は、65万円又は10万円の特別控除が認められます。また、家族への給与も経費に認められる上に、損失は3年間繰り越せるといったメリットがあります。税務署を通さなければいけないので、認められるまで時間がかかりますが、メリットが多いのが魅力です。一方で白色申告書は、配偶者の給与は経費上86万などの限度があります。税金上のメリットがあまり多くないのが残念なところです。出来るなら、青色申告書をおすすめしますが、手続きが結構面倒かもしれません。

 


4、事業所得と雑所得って?

そもそも副業の所得の種類って何なのでしょう?そのほとんどが雑所得となっています。ですが、その反復性・継続性・営利性などが認められた場合は事業所得になります。例えば、ネットでの副業を定期的に行っている場合などは、事業所得。講演や、イベントなどで収入が不定期の場合は雑所得になります。どちらか迷った場合は、まず税理士さんに相談した方がよいでしょう。

 


5、ネットオークションや、フリーマーケットの収益はどうなるの?

ネットオークションやフリーマーケットで稼いだお金は基本的に確定申告しなくてもよいことになっています。例えば、不要になった家具や、絵本、子供洋服などの家庭の不要になったものを売った場合は、非課税になります。なので、ネットオークションのみの副業の方は確定申告の必要がありません。ですが、何十万もする美術品や骨董品、古着を買って転売した場合などは課税の対象になりますのでお気をつけください。

 


6、確定申告して会社に副業はばれないの?

会社で副業を禁止しているところもたくさんあると思います。だから、確定申告したくないんだという方もたくさんいると思います。会社にばれてしまうポイントとして「住民税」があると思います。サラリーマンの皆さんは、一般的には管轄の役所から、会社宛に住民税の書類が届く「特別徴収」という形になっているかと思います。ですから、経理部の担当者が、給与に対して住民税が多いことに気づいて、問い合わせてくるということがあると思います。ですから、この「特別徴収」を自分で納付する「普通徴収」にすればいいのです。まずは、会社の副業に関する規定をきちんと確認することが大切ですね。

 


7、会社が副業可能か確認しよう

年々、副業可能な企業が増えてきていますが、まだまだ認めていないところもたくさんあります。まずは、副業可能かどうかを会社の規定をきちんと調べておくことが大切です。

 


8、節税のための不正はやめましょう

副業をする際に、個人事業主になって、経費を多く見積もって赤字申告などしないようにしましょう。

 


9、きちんと受付期間中にしよう

きっと確定申告の時期は、お仕事もお忙しい時期だと思います。手続きが面倒な確定申告ですが、後回しにせずに期間中にきちんとするようにしてください。

 

以上、サラリーマンの方で副業をしている方に、注意して頂きたい確定申告のポイントをご紹介しました。
印象として、副業って結構面倒だなぁと思った方もいるかもしれません。ですが、お金を稼ぐということには手続きがつきものですし、一度してしまえば案外慣れてしまうものです。自分一人でしようとしないで、税理士やフィナンシャルプランナーと相談しながら進めてみてください。これからは、サラリーマンだからと言って会社からの給料だけに頼るのではなく、副業で詩文の才能を活かしたり新たな収入経路を作ることも必要になってくる時代です!この記事が少しでも、サラリーマンの皆さんのお役に立てたのならうれしいです♪では、皆さん確定申告の時期、お忘れなく。

 

まとめ

サラリーマンの確定申告
~副業がある場合の注意点9つ

1、サラリーマンの副業、絶対に確定申告しなければいけないの?
2、副業の際の必要経費って何?
3、青色申告と白色申告って?
4、事業所得と雑所得って?
5、ネットオークションや、フリーマーケットの収益はどうなるの?
6、確定申告して会社に副業はばれないの?
7、会社が副業可能か確認しよう
8、節税のための不正はやめましょう
9、きちんと受付期間中にしよう


連記事