短期間でお金を稼ぐ方法、自己資金¥0でも稼げる7つのポイント

短期間でお金を稼ぐ方法、自己資金¥0でも稼げる7つのポイント
なかなかおいしい話には、裏がありそうなので、うまい話には要注意もいるでしょう。自己資金0円でも、現実的にお金を稼げる方法を現実的に探ってみました。需要と供給の関係にビジネスチャンスはあります。定職に就くということが一番かと思うのですが、それ以外に短期間でお金を稼ぐ方法を7つのポイントで考えてみました。

 

短期間でお金を稼ぐ方法、
自己資金¥0でも稼げる7つのポイント

 


人口減少が少ない地域へ移住

人口が減少して、高齢化が進んで、若い人の人口が激減している地方が日本にはたくさんあります。このよう地域では、人口を増やすために、公金を使って色々な策を練っています。たとえば、年齢が限定されていますが、40歳以下で子供がいる人という限定でのある地域では、移住するだけで20ポイントのポイントカードを作ることができます。その地域で就職すると何ポイント、地域外だと何ポイント、子供が生まれると何ポイントといった特典が付きます。この地域では、1ポイントは1万円で、この地域で使える商品券が貰えるというものです。住む地域にこだわらなければ、移住も考えてもいいかも知れません。

そして、ポイントがもらえた後どうするかは、本人の自由でしょう。他の地域では、移住して、起業すると50万円の支援金の支給があります。以前には、ある地域で、住宅を建てるのに、補助金が何百万円と出るという地域もありました。

 


高齢者の手伝い

高齢者で介護保険の該当者は、介護保険を申請して、介護保険のケアマネージャーの計画に沿って、介護サービスを受けています。しかし、高齢者だけの夫婦世帯や、独居の高齢者では、地域によっては、移動も不便で、買い物や、家の草抜きや片づけといったことが介護保険のサービスだけでは足りないところもあります。また、地方によっては、介護サービスさえも受けていない人もあります。介護保険の該当者でなくても、高齢になると用事を手伝ってほしいと思っている人も多いです。ネットやコミュティ誌で「お手伝いをします。」という広告で、時給制や個別料金で、契約して手伝うということはどうでしょうか。需要はあるでしょう。

 


家庭教師

あなたがもし、高学歴なら、家庭教師をしてみてはいかがでしょうか。少子化の影響で子供の教育に力をいれている親は多いでしょう。中には、塾は苦手と言うお子さんもいます。塾に加えて、家庭教師をと考えている親もいます。中学受験のブームもあって、小学生も家庭教師を付ける人も少なくないです。時間帯によっては、夕食がでるというお宅もあります。

 


チャイルドシッター

少し前に、問題のベビーシッターが逮捕されました。なんて気軽に、インターネットで子供を預ける契約をできるのかとも感じますが、やはり、需要があるということでしょう。保育所が一杯で、それでも働かなくてはならない状態にある家庭は多いです。母子家庭で仕事をしている人で、子供がまだ小さいとか、面倒を見てくれる祖父母が近くにいない人などでは、習い事も行かせたいけれど、送り迎えができない、宿題をしていないので困る、病気の時に仕事が休めないなど、困ったことが満載の家庭は多いでしょう。

 


家政婦

今時?と思われる人も多いでしょうが、仕事は出来ても家のことはできないという人も中にはいます。収入が多い人ほど、お手伝いさんがほしいという人もいます。たとえば、職安で見かけたことがある求人で、建築業をしていて、家の家政婦募集という求人を最近見ました。また、女医さんなどで、子供がいる人は、子供の世話も含めて、家政婦さんを募集している人もいます。また、学校の先生で、去年退職しましたが、家に執事がいた方もいます。

 


資産を売却

資金は無いけれど、資産があるという人もいるかも知れません。資産を活用していなければ、収入にはなりません。空き地がある人は、草を抜く等のちょっとした整備をして、貸し駐車場にするとか、使っていない古い家があるなら、入居者を募集してみるとか、使っていない貴金属や骨とう品や要らない不要な物を査定に出して、売却してみてはいかがでしょうか。古紙までも、ポイント制で、売れます。

 


共同生活人を探す

自分の家に、入居者を募集してみてはどうでしょうか。家賃が高いと思っている人は多いはずです。自分の家に空いた部屋があるならば、思い切って、信頼できる人に、間借りをしてもらい、家賃をもらうというのは、全く資金がかからないお金稼ぎになるでしょう。親戚などでは、特に信頼性の点では、問題は無いでしょう。

 

7つのポイントで、資金が全くなくても、お金を稼げるという方法を紹介しました。1は公的な資金が払われます。探せば、色々な条件の地域があります。2から5までは、お金を払ってでも、手伝ってほしいと願う人たちです。6は、自分の資産を見直そうということです。不要な物の処分にもなります。7は、お金を節約したいという人の手助けという形になるでしょう。2から7は、契約書を作って書面にしておくことが必要です。

 

まとめ

短期間でお金を稼ぐ方法、
自己資金¥0でも稼げる7つのポイント

・人口減少が少ない地域へ移住
・高齢者の手伝い
・家庭教師
・チャイルドシッター
・家政婦
・資産を売却
・共同生活人を探す


連記事