幼稚園の面接!親の服装で面接官がチェックする7つのポイント

幼稚園の面接!親の服装で面接官がチェックする7つのポイント

幼稚園の面接、緊張しますよね。たいていどの幼稚園でも面接があります。親子面接の場合がほとんどです。子供は上手にお返事できるかな?親はどんなところを見られているんだろう?不安になりますよね。幼稚園の面接で失敗しないためにも、まず服装からきちんと整えましょう。先生は服装もしっかり見ています。ここでは幼稚園の面接!親の服装で面接官がチェックする7つのポイントを見て行きましょう。

 

幼稚園の面接!
親の服装で面接官がチェックする7つのポイント

 


派手すぎないか

派手すぎる服はNGです。色が派手なもの、デザインが派手なものは、悪い意味で目を惹いてしまいます。幼稚園はあくまで子供が主役であり、親が主役ではありません。面接のときに派手な格好をしていってしまうと「このひとは入園してからも、悪目立ちしそうだ」と思われてしまいます。先生にあまり良い印象を抱かれなくなってしまいますので、派手すぎる格好はやめておきましょう。子供も同じく派手すぎる格好はひかえましょう。子供らしさをひきたてる服を着せると良いでしょう。

 


露出が激しくないか

胸元や足が露出してしませんか?ボディラインを強調しすぎる服は、やめておきましょう。幼稚園にはママだけでなく、パパも参加する行事がたくさんあります。ボディラインを強調しすぎたり、露出が激しい服を着ていると、風紀が乱れてしまいます。面接はもちろん、入園してからもそういった服を着るのはやめておきましょう。ほかのママからも「あのママは服装がちょっと…」と嫌煙される原因になってしまいます。胸や足に自信があったとしても、あまり露出しすぎるのは良くありません。

 


子供を持つ親らしいか

「子供がいるのにこんな服装…?」そう思われないような服にしましょう。子供が走り出したときすぐに追いつけないようなタイトスカート、高すぎるピンヒールもNGです。子供を抱っこしたときにひっかかりそうな服もやめておくほうが良いでしょう。そういった服を着て行くと「普段からちゃんと子育てしてるのかしら?」と思われてしまいます。子供に対して不誠実な親に見られてしまいますので、面接には「子育てしている親らしい服装」を選んで行きましょう。

 


あまりにもフォーマルすぎないか

面接だからと、きっちりしすぎるのもNGです。オフィスカジュアル程度の服装か、あるいは普段着よりはすこしおしゃれな服程度でOKです。もちろんお受験の場合はフォーマルスーツが良いでしょう。でも地元の、願書を出せば入れるほぼ入園できる幼稚園であれば、そこまで堅苦しくなくてOKですよ。もちろんフォーマルスーツのひとが多いから、自分もフォーマルスーツで行きたいひとは、それでOKです。幼稚園の雰囲気に合った、身ぎれいな格好で行きましょう。

 


子供と合っているか

子供は気合いが入った服装なのに、親は普段着…あるいはその逆だと、違和感が生じます。子供と合った服を着るようにしましょう。子供の服装とセンスを合わせることで、仲の良い親子に見えて好印象です。おそろいの服とまでは行かなくても、子供との雰囲気を合わせた服装にしましょう。子供の服も自分の服も、きちんと洗濯したきれいなものを着ていくことが大切です。毛玉がついていたり、食べこぼしのあとが残っているような服装はNGですよ。

 


幼稚園の雰囲気に合っているか

あなたの選んだ服装は、幼稚園の雰囲気に合っていますか?あるいは地域の雰囲気に合っていますか?オフィスカジュアルを着てくる親が多いのに、自分だけは普段着だったり、その逆だと、入園してからも浮いてしまいます。面接前に、プレ幼稚園や、園庭解放へ行ってみましょう。すでに通っている子供の親を見ることで、幼稚園の雰囲気をつかむことができます。近所のひとに聞いて見るのもいいでしょう。なるべく園にあった雰囲気の服を着て行くことで、面接官にも「このひとなら、うちの園で上手くやっていってくれる」と思ってもらえますよ。

 


他の親と合いそうか

入園すると他の親と会う機会が多くなります。面接のときも、待っている時間など、他の親と話す機会があります。面接官は「このひとはほかの親と一緒に上手くやってくれるかな?」という面も見ています。他の親と上手くやっていけないと、トラブルが絶えずに園も苦労します。あなたの服装とまわりの親の服装を見比べて、合うかどうか見られていますよ。体験入園を利用したり、おむかえ時刻などに園の近くに立ち寄ってみたり、どういった雰囲気の服を着ている親が多いのか観察してみましょう。

 

いかがでしたか。

幼稚園の面接は緊張しますよね。でも服装をしっかりしておけば、それだけでかなり好印象を与えることができます。しっかり事前リサーチして、幼稚園にあった服装をしていきましょう。服装がしっかりしていれば、ちょっとくらい面接でドジっても、必ず入園できます。服装で自信がもてると、自然に発言や態度にも自信がもてます。事前準備は必須です。当日や前日にあわてて服装を決めずに、前もって服装を決めておくことが大切です。

 

まとめ

幼稚園の面接!
親の服装で面接官がチェックする7つのポイント

■派手すぎないか
■露出が激しくないか
■子供を持つ親らしいか
■あまりにもフォーマルすぎないか
■子供と合っているか
■幼稚園の雰囲気に合っているか
■他の親と合いそうか


連記事