夫婦の会話を弾ませる、7つの凄いテクニック

夫婦の会話を弾ませる、7つの凄いテクニック
夫婦円満の秘訣は、やっぱり「夫婦の会話」ですよね。会話って一番簡単に出来るコミュニケ―ション方法だからこそ、一番大切にしなければならないと思います。新婚時代は一緒にいるだけで何もかもが楽しくて、会話も弾んで笑いも絶えなかったけど、子供が生まれたら生活の中心が子供になってしまい夫婦間の会話が少なくなってしまったという方や、長年一緒にいるので会話しなくても、その場が成り立つようになってしまったという方など、実にさまざまなご夫婦がいるかと思います。そこで今回は、そんなご夫婦に是非読んで頂きたい内容となっています。ずばり「夫婦の会話を弾ませる、7つの凄いテクニック」と題しまして、お送りしてまいります。

 

夫婦の会話を弾ませる、
7つの凄いテクニック

 


<1、一方的にしゃべらない>

まず、根本的なお話をさせて頂きますね。会話とは、言葉のキャッチボールです。ですから、夫か妻のどちらかが一方的に話しかけて、相手に話す暇を与えないようなコミュニ―ケ―ションは決して会話とは言えないと思います。確かに嬉しいことがあった時や、イライラした時などは、誰かに聞いてほしいという思いから、気のすむまで一方的に話してしまいがちですよね。でも、そのような会話は、話した方はすっきりするかもしれませんが、はなっしを聞いている方は何らかのフラストレーションがたまることは間違いありません。夫婦であれ、友人であれ、家族であれ、会話は相手あってのことですので、会話を弾ませるためには相手に話す隙を与えてあげることも大事です。

 


<2、共通の話題を見つける>

夫婦間で会話が弾まないという方に共通しているのがこんな悩みです。「相手の話題に興味が湧かない」ということをおっしゃる方が良くいらっしゃいます。でも、それは男女の興味のあることや生活スタイルに違いがありますので、話題が違っても仕方ないと思います。男性はどうしても、仕事やニュースの話題などが中心になりがちですが、女性は子育てや料理、ママ友との人間関係などだと思います。こう考えると、根本的に男女の話がかみ合うことなんてないのです。では、どうやって話を弾ませていけばよいのでしょう?ずばり、共通の話題を見つけることです。些細なことで構いません。オリンピックの競技の話や、日々のニュースで気になることなど、たわいもないことを話してみてはいかがでしょうか。

 


<3、相手が何を要求しているのか見極める>

夫婦の会話を弾ませるには、相手がいったいどんなことを求めているのか?をきちんと見際めることが大事です。どういうことかと言いますと、相手が「共感」を求めているのか?それとも「意見」を求めているのかを見極めるということです。皆さんも経験があるかと思いますが、特にアドバイスはなくても「そうだよね~。僕も君と同じ・・・だと思うよ。」などと相手に共感してほしいときもあれば、「こうした方がいいと思う!」と意見を求めたい時もあるでしょう。会話を弾ませるには、相手がどちらが要求しているのかを見極めて話を進めていくとよいと思います。

 


<4、疑問形を会話の中に入れる>

冒頭でもお話しましたが、会話とは言葉のキャッチボールです。相手が話しかけてきても、話を聞く側が「うん、そうだね。」「へー・・・」などととりとめのない返事を返していては会話が続くはずがありません。そこで、会話の中に疑問形を投じるのです。「へー、どういうこと?」「それって、こういう意味?」などの疑問形の言葉は、自分が相手の話題に興味を持っているということの表れにもなるのです。

 


<5、褒めワードをいれる>

会話を弾ませるには、相手の気分を良くさせる必要があります。そこで、褒めワードを会話の中で使用するのです。すごい・尊敬する・面白いね・偉いね~などの言葉は相手の気持ちを高揚させる作用があります。

 


<6、会話に集中出来る空間をつくる>

いくら二人に共通の楽しい話でも、ゆっくり会話できる空間でなければ、弾む会話も弾みません!家事の最中や着替えの途中では、なかなか話に集中できませんよね~。ですから、ゆっくりお互いに向き合って話をしたり、ソファに座ってリラックスできる空間で話すようにしましょう。

 


<7、話すことも大事だが、それ以上に聞くことも大事>

会話を弾ませるというと、どんなことを話せばいいのか?言葉が出てこないときはどうすればいいのか?など考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。でも、会話って話す人だけで成り立っているのではありません。その話を聞く人がいて初めて成り立つのです。
ですから、弾んだ会話をしようと思ったら、きちんと聞くことも大事です。集中して聞くことで、相手が悪い気分になることはありませんし、きっと良い受け答えにつながるはずです。

 

いかがでしたか。

以上、夫婦の会話を弾ませる、7つの凄いテクニックをテーマにお送りしました。夫婦ってすごく近い存在だからこそ、何年たっても会話をすることは大事だと思います。いくら長年の勘が働くと言っても、やはり人間は自ら伝えなければ、伝わらないのです。
皆さんも、今回ご紹介した7つのテクニックをどうぞ試してみてくださいね!

 

まとめ

夫婦の会話を弾ませる、
7つの凄いテクニック

1、一方的にしゃべらない
2、共通の話題を見つける
3、相手が何を要求しているのか見極める
4、疑問形を会話の中に入れる
5、褒めワードをいれる
6、会話に集中出来る空間をつくる