常識破りのプレゼン!大胆な構成で成功した事例7つ

常識破りのプレゼン!大胆な構成で成功した事例7つ
あなたが聞いたプレゼンで、記憶に残っているものはありますか?プレゼンってどれもこれも似たような感じで、あまり記憶に残りませんよね。ほかにない構成のプレゼンで成功してみたいと思いませんか?ここでは常識破りのプレゼン!大胆な構成で成功した事例7つを見ていきます。あなたのプレゼン、この構成なら大成功するかも知れませんよ!

 


常識破りのプレゼン!
大胆な構成で成功した事例7つ

 


■要点のみ簡潔に述べる

プレゼンにありがちなのが「だらだらトーク」「こまかい話」です。統計をとった数値をひとつひとつ読みあげたり、商品に含まれている物質をこまかく話されても、聞いている側は飽きるだけです。「こんな話、早く終わってくれたらいいのにな~」なんて思われたら嫌ですよね。そういった聞き手の「飽き」を防ぎ、できるだけ早くプレゼンを終わらせることで「お、このプレゼンは他のとちがうな!」と思って貰える方法があります。それが「要点のみを述べる構成」です。細かい数値や余計な話は一切せず、要点だけを簡潔に述べることで、聞いている側は飽きません。集中して聞くことで、より印象深いプレゼンになります。話している側も、早く終わったほうが気持ちが楽ですよね。時間短縮でき、話す側も聞く側にもメリットがある「要点だけ簡潔に述べるプレゼン」あなたも実行してみませんか?

 


■具体例をたくさん述べる

具体的な数字や、モニターの実際の声を述べるというプレゼン構成はいかがでしょうか。あいまいな数値や、効果のわからない話をされても聞いている側は現実味を感じません。それよりも「実際○○人に試してもらった結果、このような効果があらわれました」「この年齢層のひとにとくに支持されました」など、具体例をたくさん述べることで「この商品は効果的だ、売れるにちがいない」と思って貰えます。化粧品などであれば、モニターの肌の写真などを並べるのも効果的です。話すだけでなく、視覚に訴えかける構成で成功に導きましょう。

 


■成功したときのイメージを植えつける

エステの勧誘でよく用いられるのがこの技法「成功したときのイメージを相手に植えつける」です。エステであれば「こんなに安く施術を受けられます」というより「痩せればこんなにきれいな体になります!」と訴えかけるほうが、客の心をつかみやすくなります。プレゼンも同じで「この商品はこんなにいいです!」と言うより「この商品が売れれば、こんなに利益があります!」と言った方が、聞き手は興味を抱きやすくなります。商品そのものが良いことはもちろんですが、その商品を売った結果なにがもたらされるのか、成功イメージを聞き手に植えつける構成にしてみましょう。

 


■過去の商品、プロジェクトと比較する

過去の商品や、すでに遂行されているプロジェクトを引き合いに出すのも、プレゼン成功のコツです。「○○はこれだけ売れました、いま説明している××は、○○の機能を搭載して、さらにグレードアップしています」と語るのです。聞き手は過去の成功例を思い出し、付加価値があるのであれば、成功すると思うでしょう。すでにあるものを引き合いに出すことで、聞き手はイメージしやすくなります。過去の商品がない場合は、類似品を引き合いに出しましょう。他社の商品でもOKです。他社の製品よりすぐれている点をアピールして「あれも成功したんだから、これも絶対成功する」と思わせる構成にしましょう。

 


■徹底的に分析した結果を披露する

プレゼンのために準備した資料を、徹底的に披露するというのはいかがでしょう。どのような購買層なのか、どれくらいの利益をのぞめるのかはもちろん、季節毎の売り上げの推移予想など、細かい数字にいたるまで全て披露してみましょう。これだけ明確な数字があるのだから、成功するにちがいないと思わせることがコツです。あなたが徹底的に調べた姿に、聞き手は感心し、称賛してくれるに違いありません。

 


■商品、プロジェクトに対する想いを伝える

情に訴えかける構成もありです。商品やプロジェクトに対する想いを、あなたの言葉で語りましょう。商品開発に至った経緯や、できあがるまでのいきさつ、苦労なども話しましょう。「そんなに手をかけた商品だから、良いものに違いない」と思わせることができれば、成功したも同然です。聞き手も人間です、あなたの気持ちが伝われば、かならずプレゼンは成功しますよ。

 


■プレゼンテーターである自分に好意を持たせる

素敵なひとが売っている商品、素敵にみえますよね?逆にうさんくさいひとが売ってる商品、買う気になれませんよね?プレゼンも同じです。あなたの態度が真剣であればあるほど、聞き手は「この商品は確かなものだろう」と思ってくれます。逆にあなたがふざけた態度をとっていると、商品の信頼まで失ってしまいます。

プレゼンは商品とともに自分を売り込む場です。真面目かつユーモアもあり、場をなごませるようなプレゼンを行いましょう。「このひとが勧めるものなら、買ってみてもいいかな」と思える雰囲気を作り上げましょう。プレゼン成功のコツは、あなた自身を気に入ってもらうことにあるのです。

 

プレゼン構成には決まりがありません。自由に構成していいのです。あなたが聞き手になったつもりで、どんな構成なら楽しくプレゼンを聞くことができるか考えてみましょう。プレゼンする内容は同じでも、構成がちがえばまったく違う印象を与えることが出来ます。より効果的にプレゼンを行うために、構成をもう一度見直してみるのはいかがでしょう?構成を変えれば、素晴らしいプレゼンになること間違いなしです!

 

まとめ

常識破りのプレゼン!
大胆な構成で成功した事例7つ

■要点のみ簡潔に述べる 
■具体例をたくさん述べる
■成功したときのイメージを植えつける
■過去の商品、プロジェクトと比較する
■徹底的に分析した結果を披露する
■商品、プロジェクトに対する想いを伝える
■プレゼンテーターである自分に好意を持たせる


連記事