そのプレゼン大丈夫ですか?絶対に成功する事前準備のコツ9つ

そのプレゼン大丈夫ですか?絶対に成功する事前準備のコツ9つ
プレゼンって緊張しますよね。うまく話せるかなとか、きちんと伝わるかなとか、不安は尽きません。プレゼンを成功させるコツは事前準備にあります。しっかり事前準備しておくことで、自信をもってプレゼンに挑むことができます。

プレゼンテーターが自信に満ちていれば、聞いている方も「この商品はいいものに違いない」「このプロジェクトを成功させれば利益に繋がるはずだ」と思ってくれます。事前準備をしっかりして、プレゼンに挑みましょう!そこで今日は絶対に成功するプレゼンの事前準備のコツについてお伝えします。

 


そのプレゼン大丈夫ですか?
絶対に成功する事前準備のコツ9つ

 

商品、プロジェクトの「売り」を確認しよう

商品やプロジェクトの「売り」を確認しておきましょう。「商品のいいところ」「ほかの商品にはない点」「画期的な機能」「この機能があれば絶対に売れる」という推しポイントを確認しておきましょう。

プロジェクトであれば「このプロジェクトなら○○万人集客できる」や「永続的にお客が来る」「○○億円の興行収入がある」など、具体的な数字を確認しておきましょう。プレゼンで推したい事柄をしっかり確認しておくことで、プレゼン当日も自信を持って商品のいいところ、プロジェクトの効果を説明することができます。

 

商品、プロジェクトの「ターゲット」を明確にしよう

プレゼンするときのコツは、具体的にその商品がどういった層にうけるのかを説明することです。

「女子高生に爆発的に売れれば○○万個の売り上げにつながります」や「主婦に受ける商品ですので口コミで購買につながります」等、聞き手に「確かにその層なら売れそうだ」「その層に売れたら、より売り上げを見込める」と思わせることが大切です。

事前準備の段階で、アンケートやモニターを集めておきましょう。実際に使用したひとたちの声もプレゼンに盛り込むことで、より現実味のあるプレゼンになります。

 

プレゼンする相手の年齢、性別を知っておこう

プレゼンする相手の年齢、性別は分かっていますか?若いひと相手なら多少早口でも理解してもらえますが、年齢層が高い場合はゆっくりと話し「イマドキ言葉」は絶対に使わないようにしましょう。

年齢層が高い場合はインターネット用語やカタカナのむずかしい言葉も避けましょう。だれでもわかる言葉で伝えることが肝心です。女性が多い場合は、資料を明るい色にしたり、情にうったえかけるのもいいでしょう。プレゼンのコツは「相手の気持ちを掴む」ことです。相手の年齢、性別もしっかり把握し、事前準備をしましょう。

 

プレゼンする環境を知っておこう

プレゼンする場所がどんな場所なのかも知っておきましょう。階段型の会議室なのか、平らな会議室なのか、プロジェクターはどのようなものなのか、マイクはどれくらい響くのか、細かい点もチェックしておきましょう。

プレゼン当日「こんなはずじゃなかった」とならないように、しっかり下見をすることが大切です。

 

だれが見ても分かる資料を作ろう

資料は見やすく作りましょう。ちいさすぎる文字やわかりにくい図はNGです。単語を略すこともやめましょう。「○○を見てください」と声かけをしたとき、その場にいる全員がおなじ場所を見れるような資料を作りましょう。

プレゼンが終わってから、その資料を見た時、プレゼン内容を思いだせる資料にしましょう。

 

資料の色、グラフ、図は分かりやすく

カラフルな資料は分かりやすい反面、カラフルすぎると目に痛いという欠点もあります。過激な色使いはやめておきましょう。グラフや図の数値がこまかすぎるということはありませんか?作った資料を同僚や上司に見てもらって、見易い資料になっているかどうか確認してもらいましょう。

 

台本を作っておこう

プレゼンであがってしまって、うまく話せる自信がないというひとは台本を作っておきましょう。台本作りのコツは「絶対に言いたいこと」を書いておくということです。

大きな字で自分が見易いように作りましょう。細かい字で、細かいセリフまで書いてしまうと、途中で質問があったときうまく対応できなくなります。「かならず伝えたい主要部分」だけを台本に書くことで最低限のことは伝えることができますよ。

 

リハーサルをしよう

プレゼンの事前準備ができたら、リハーサルしましょう。ひとりで練習するときも、声の大きさや間のとりかたは本番と同じようにしましょう。目線をあげたり聴衆をぐるりと見たり、目の前にひとがいるつもりでリハーサルすることで、当日も緊張することなくプレゼンができます。

 

家族、友達に練習相手になってもらおう

ひとりでリハーサルをしたあとは、家族や友達に聞いてもらいましょう。「その部分、聞いていてよくわからないよ」とか「もっと大きな声のほうがいいよ」とアドバイスしてもらうことで、プレゼンはより良いものになります。

プレゼンに慣れているひとに聞いてもらうのもいいでしょう。プレゼン当日までに何度も練習して、自信をつけて、緊張をほぐしておきましょう。

 

このようにプレゼンを成功に導くコツは「聞く人の立場に立つ」ことと「練習して緊張をほぐしておく」ということにあります。事前準備をしっかりして、プレゼン当日は胸を張って前に立てるようにしましょう。自信に満ちたプレゼンで、大成功をおさめましょう!

まとめ

プレゼンで絶対に成功する為の事前準備

商品、プロジェクトの「売り」を確認しよう
商品、プロジェクトの「ターゲット」を明確にしよう
プレゼンする相手の年齢、性別を知っておこう
プレゼンする環境を知っておこう
だれが見ても分かる資料を作ろう
資料の色、グラフ、図は分かりやすく
台本を作っておこう
リハーサルをしよう
家族、友達に練習相手になってもらおう


連記事