転勤の時『出来る人』と思わせる7つの好感度を上げる挨拶

転勤の時『出来る人』と思わせる7つの好感度を上げる挨拶

ビジネスマンにとって、転勤というのは決して人ごとではありませんよね。新しい職場での最初の挨拶で、同僚の心を掴めるか否かによって、その後の職場での働きやすさもかなり変わってくるというもの。ぜひ初めの挨拶で仲間の心をグッと掴んでおきたいですよね。

そこで今回は、転勤の時「出来る人」と思わせる事ができる7つの好感度を上げる挨拶についてお伝えします。これを読んであなたもぜひ実践してみましょう!

 

転勤の時『出来る人』と思わせる
7つの好感度を上げる挨拶

 


転勤時の挨拶の基本

異動により転勤した場合、最低限の言葉は「今後ともよろしくお願いいたします」と「ご指導のほど、よろしくお願いいたします」の2つです。仮に不本意な転勤であっても、不平不満は、飲みの席でも言ってはいけません。なぜなら、元々その部署でやりがいを持って仕事をしている人がいるからです。必ず同僚に敬意を表す意味でも、自分の感情は仕舞い込みましょう。

 


転勤先で挨拶は先に元気よく

新人時代に心がけていた元気の良い挨拶も、次第におざなりになっていくのが当たり前です。しかし、私の知る元気のいい会社では、社長が自ら先にとても大きな声で挨拶をしています。つまり、新人であろうが中堅であろうが、挨拶は先に元気よくするほうが、相手に好印象を与えます。また、相手より先に声をかけることで、円滑な人間関係を作れる人という印象を与えることもできます。転勤を機に改めて、こうした挨拶を習慣づけることが、新たな人脈形成の可能性を広げることにも繋がっていきます。

 


品格ある言葉遣い

日頃から気をつけている言葉遣いですが、どうしても直らないクセなどがあります。「ぶっちゃけ」など明らか若者言葉ならば、少し気を遣えば直りますが、「~だよ」「~だわ」など、語尾で悪いクセがある場合は、相当気を遣わなければ直すのは至難です。 せっかくの新たな場所ですので、こうした言葉を捨て、品格ある言葉を選んで話すようにしましょう。こうした言葉遣いが身に付けば、品格も備わり、信頼にも繋がっていきます。

 


相手のいいところを3つ褒める

お客さんや取引先など挨拶に行けば、必ず世間話に花が咲きます。こうした世間話は簡単そうですが、実はそう簡単ではありません。特に、転勤先では共通の話題は皆無に等しく会話が盛り上がらない可能性も秘めています。そこで、世間話の機会があった時は、必ず相手のいいところ3つ褒めるようにしましょう。相手自身でもいいのですが、初めてお会いして相手のいいところを探すのは難しいので、会社のホームページ、門構えや会社の佇まいなど何でもいいので、自分がいいと思った部分を正直言葉で発しましょう。なぜなら、相手から褒められて喜ばない人はいません。むしろ、人間は、話しの内容よりも自分のことを褒めてくれたということを覚えていたりするものです。 好感度を上げるだけでなく、後の商談にもきっと繋がっていきます。

 


相手の求めているネタを準備

社会人生活が長く続いている方ならば、相手の事をある程度リサーチすることがきっとできます。そこで、挨拶に行く前に相手がどのような趣味を持ち、どのようなことに興味があるのかなど、周りの同僚などに聞いておきましょう。そこで、相手に合わせて話題作りを提供するようにしましょう。例えば、相手が野球好きなら野球のネタ、ラグビー好きならラグビーネタを1つでも用意しましょう。単なるニュースだけでなく、自身のエピソードも交えることも忘れてはいけません。さりげなく、自分という人間の自己紹介も含めておくと印象に残りやすくなります。

 


女性のハートはお菓子で掴む

転勤の挨拶で、女性が同僚や取引先にいるならば、お土産を持っていくのも効果的な方法です。なぜなら、女性社員は甘い物好きの方がとても多いです。特に仕事終わりには、何か甘い物をつまみたくなります。したがって、甘い物のお土産は女性にとって、できる人のステータスの1つに成り得ます。故意的に見えないように自分の今まで所属していた地域で、お菓子を買っていくのがベターです。お菓子選びのポイントは、美味しさももちろんですが、小分けの袋に入ってみんなに配りやすいパッケージになっていることが必須です。お菓子を配るのも女性なので、面倒を与えると逆効果になりかねます。

 


ポジティブな挨拶

転勤先では、ネガティブな発言は控えましょう。「疲れる」「忙しい」「だるい」などこれらの発言は、周りの空気を汚します。挨拶で、「あぁあそこは忙しいですよね。」みたいなことを言われても「色々経験させてもらいました」というようなポジティブな発言で切り返しましょう。こうしたポジティブな言葉は、自分のスマートさをアピールする絶好の機会となります。

 

いかがでしたか。

転勤は引っ越しの手間や家庭生活など、大変な苦労が伴います。しかし、新天地でのスタートは、新たな自分の発見や人脈形成のチャンスでもあります。こうしたチャンスを逃さないためにも初めの挨拶を大切にしてくださいね。

 

まとめ

転勤の時『出来る人』と思わせる
7つの好感度を上げる挨拶

・転勤時の挨拶の基本
・転勤先で挨拶は先に元気よく
・品格ある言葉遣い
・相手のいいところを3つ褒める
・相手の求めているネタを準備
・女性のハートはお菓子で掴む
・ポジティブな挨拶


連記事