超個性的!世界に一つだけの寄せ書きをつくる!アイデア7つ

超個性的!世界に一つだけの寄せ書きをつくる!アイデア7つ
部活の仲間や職場において卒業や退職等で寄せ書きを贈る機会は意外と多いですよね。皆さん自身も一度はもらったり逆に贈ったことがあるのではないでしょうか。それは色紙にメッセージを書いたものですか。寄せ書きといえば、「色紙」に仲間からの言葉が書かれたものが定番の方法で、いつも同じものになってしまいがちですよね。

もちろん色紙には良さがありますが、サプライズ、、、と考えてしまうとあと一歩なにか欲しいですよね。贈る相手にもっと喜んでもらうために、ちょっとしたアイデアで工夫すれば、より個性的でオリジナルな寄せ書きを作ることができますので、今日は、色紙以外で喜ばれる寄せ書きのアイデアをお伝えします。

どれも決して難しいものはなく、手軽に作れるものばかりですので是非、お世話になった方へ、世界に一つだけの寄せ書きを作って感謝の気持ちと共に贈ってみましょう。ではご覧ください。

 


超個性的!世界に一つだけの
寄せ書きをつくる!アイデア7つ

 


写真、アルバム

寄せ書きは文字だけのものでももちろん嬉しいですが、加えて写真があれば嬉しさ倍増ですよね。思い出の写真とメッセージカードをまとめるアルバムを用意し、ページをめくると様々な思い出がよみがえってくるような寄せ書きは喜ばれます。写真を集めてフォトブックするのも素敵です。フォトブックであれば同時に複数冊同じものが注文できるので、仲間同士で作成し、フォトブックの中に寄せ書きを贈り合うのも思い出を共有するのに良い方法です。

 


ビデオ

文字だけが寄せ書きではありません。ビデオメッセージとして、カメラの前でお祝いを伝えたものを集めて編集してみて下さい。直接本人に活きた言葉で伝えることは、文章とは異なる良さがあります。さらにその内容に合ったBGMでも流せたら、なお素敵な寄せ書きになるでしょう。お祝いや別れなど寄せ書きの趣旨に合う曲を選択しても良いですし、相手との思い出の曲または相手が好きなアーティストの曲でも構いません。言葉以上に相手の心に響くはずです。最近では結婚式の余興として、お祝いメッセージを流す時によく見られます。メッセージに加えて、思い出のエピソードの紹介や皆で歌を歌うなど、アイデアによって如何様にも工夫できるので個性的な寄せ書きになります。

 


ボールやTシャツ

贈る相手が部活の仲間等、スポーツに関する相手の場合、普段使う道具や服に寄せ書きをしてみてはいかがでしょうか。例えばサッカー部で卒業する先輩に寄せ書きを贈る際に、サッカーボールやTシャツという風に。思い出の品にメッセージを加えてプレゼントされたらきっと喜ばれます。色紙よりも多少書きにくいかもしれませんが、部屋に置いてもインテリアの一部としておしゃれに飾れます。しまっていても後日見返した時に寄せ書きを一目見ただけで、何の仲間かをすぐ思い出す、相手の感動をさらに深めてくれるアイテムです。

 


名刺

職場で寄せ書きを贈る場合、皆が共通に持っている名刺をカード代わりにしてみて下さい。名刺の裏はフリースペースとして自由に相手へのメッセージを書いてもらいます。名刺はメッセージを書くのにちょうど良い大きさです。色ペンで書いたり、シールを貼ったりして手作りのカードを完成させましょう。表には名前がありますので、改めて書く必要はありません。名刺の表側には会社の理念やロゴが記載されているので、退職される方には思い出としていつでも見て確認できます。

そして、ある程度の数が集まったら、1枚ずつカードホルダーに入れてまとめます。もらった側も収納しやすく、きっと喜んでもらえるはずです。後で本人も自分の名刺を入れて記念に残せるようスペースを空けておきます。1枚の色紙を一人ひとりに回していると時間がかかったり、途中で汚されたりという心配がありますが、名刺は各々が持つものなので、これらの心配は皆無です。書き損じてしまったとしても、いくらでも書き直せるところも魅力です。また、名刺のデザインが統一感を図り、特別な工夫をせずとも全体的にスマートな印象となるので、ビジネスマン向けにオススメの方法です。

 



相手にちなんだ内容の本に寄せ書きしてプレゼントするのも新鮮です。例えば台湾に単身赴任が決まった同僚に、台湾のおしゃれな建物が載っている写真集を用意しそれぞれのページに寄せ書きをします。表裏表紙にも書くスペースは十分にあります。贈られた相手はメッセージを喜ぶと共に、今から向かう新天地へのワクワク感が高まるでしょう。その後、紹介されている場所に訪れるきっかけになるかもしれません。

他にも出産の労をねぎらい、子供の誕生を祝う際の寄せ書きには、子供向けの絵本を利用してみるのもいいと思います。絵本を読む度に贈られた相手を思い出すでしょう。子供が成長したら読んであげることで活用できます。また、本好きな相手には、愛読書にしている小説や漫画でも喜ばれるでしょうし、是非読んでもらいたいオススメの本でも良いと思います。ページをめくるのが楽しみになる寄せ書きも素敵です。

 


ジグソーパズル

ジグソーパズルで完成させる楽しみもプレゼントするのはどうでしょうか。寄せ書き用のジグソーパズルは無地のピースにメッセージを書き込むようになっており、一ピースごとの言葉を確認しながらパズルを組み立てる楽しみがあります。大きさも写真立てに収まるサイズからかなり大きなものまで多様にあります。好奇心旺盛な子供にぴったりな贈りものになりますし、結婚式でお祝いのメッセージを集めて、ウエルカムボードにしても良いでしょう。完成した後は、額に飾れば素敵なインテリアにもなり、ずっと飾っておくことが出来ます。

色紙に寄せ書きしたものを裁断する方法もあります。メッセージを書いた後に裁断したものは、完成させなければメッセージが読めないため、わくわく感はより大きくなります。寄せ書きを贈る人数に左右されることもないので用意する側も安心です。写真にも対応しているので、文字だけの殺風景なものにならずにオリジナルな寄せ書きが作れます。

 


マグカップや皿

普段使いができる贈り物としてマグカップや皿に寄せ書きして贈る方法もあります。しかし油性ペンでメッセージを書いても、洗ったり時間の経過と共に消えてしまう恐れが十分にあります。そこで専用のペンで寄せ書きを書いた後、沸騰した湯に数分間つけると消えなくなるものや、オーブンで焼くもの、専用の業者で印刷するものなどを利用すると後々まで残せる寄せ書きになります。手作り感満載で子供向けの寄せ書きに大変オススメです。卒園・卒業祝いの寄せ書きなどにいかがでしょうか。

また、父・母の日に子供達が感謝の気持ちを寄せ書きして贈るのも素敵です。似顔絵など、文字以外でもきれいに残せます。本格的な完成度を求めるのであれば、プロに印刷をお願いしてもよいかもしれません。ガラスに特別な手法で文字を入れられるものもあり、とてもおしゃれな一品です。こちらは結婚や退職の際の寄せ書きとして、大人のプレゼントに向いています。

 

以上、7つのアイデアを挙げてみました。寄せ書きと言うといつも色紙に頼りがちになってしまいますが、アイデア一つであなただけのオリジナルな寄せ書きになりますよね。こちらで紹介したのはほんの一部に過ぎず、他にもたくさんあるはずです。しかし何でも良いわけではありません。重要なのは贈られた相手が喜ぶかどうかを基準にして選ぶことです。相手に所縁があるものかどうか。例えば野球をやってもいないのに野球ボールに寄せ書きされてもきっと嬉しくないですよね。

また、収納可能な大きさか、保管に困らないか等、もらった相手が嬉しくて飾りたくなるようなものを選ぶことで、寄せ書きは最高のプレゼントになるはずです。是非上記を参考にして、超個性的で世界に一つだけの寄せ書きを贈ってみましょう。

まとめ

世界に一つだけの寄せ書きをつくるには

・写真、アルバム
・ビデオ
・ボールやTシャツ
・名刺
・本
・ジグソーパズル
・マグカップや皿

などを使いましょう


連記事