社内コミュニケーション能力を効率化!管理職ができる診断9つ

社内コミュニケーション能力を効率化!管理職ができる診断9つコミュニケーション能力とは、決して相手をちょっといい気分にさせてあげる能力のことではありません。本当にコミュニケーション能力のある人は、人と力を合わせることで全てのの問題を解決することができます。コミュニケーションとは、口先でその場を自分の望む形にするのものではなく、もっと大きな問題を解決するためのアプローチなのです。今回は、管理職に求められる能力について分析・診断してみようと思います。

 


社内コミュニケーション能力を
効率化!管理職ができる診断9つ

 


その1:部下のことを認めてくれる人であること

部下のことを認めてくれる人であること。だれでも、人間は承認欲求を抱えている。自分のことを理解して欲しいという根源的な欲求に応えられるようにすること。。自分のいいところをわかってくれている、自分のことを理解してくれる人を思い浮かべてみよう。誰もがそんな人を失うのは惜しいと思うし、そんな人には、いつまでも付いて行きたいと思うはずです。

 


その2:世話を焼いてくれる人であること

世話を焼いてくれる人になること。世話を焼いてくれる人には、あなたが必要だというメッセージが届けられることになっています。お世話になった人へ感謝の気持ちを持つのは、その人が自分にとって素晴らしい振る舞いで関わりを持ってくれたからです。当然、この関係はよいコミュニケーションの結果生まれるものなのです。周りの人の世話を焼くことに心がけてみましょう。おせっかいと言われる類のものでなければ、それは人間関係を作る上での立派なコミュニケーションになる得るでしょう。

 


その3:面白い人であること

面白い人であること、というのも挙げなければならない。面白い=コミュニケーション能力が高いというと、ナンパや接客やおべんちゃらに通じる軽薄な印象を受けるが、面白い人というのは相手を笑わせて楽しい時間をプレゼントしている。誰だって自分の人生の大切な時間を明るく楽しい素晴らしいものにしたいし、そうしてくれる人とはいつまでも一緒にいたいと思うものです。

 


その4:質問にも法則あり

質問にも法則があり、そのテクニックを習得すること。その法則を列挙してみると、次のようになります。

・ご縁の法則(あなたの人脈を最大限に深め、生かす方法)
・ご利益(ごりやく)の法則(あなたの本当の価値を見いだす方法)
・分かち合いの法則(時間を短縮し、仲間と成功する方法)
・おすそわけの法則(日本人が知らず知らずに行ってきた成功法則)
・ありがとうの法則(あなたの望む人が集まってくる思考法)
・引き寄せの法則(あなたの夢を叶える実践方法)
・宇宙の法則(継続し、反映し続ける自然の法則)

以上の内容を踏まえて、コミュニケーションに活用すれば、そのコミュニケーション能力はアップすることでしょう。

 


その5:相手に反論せず、肯定で答える

自分の意図と反することを相手が言ったときでも直ぐに反論せず、感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう能力をもつこと。感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆくのがコミュニケーション能力です。上手にコミュニケーションを行うための体系づけられた知識、技術(コミュニケーションスキル)を駆使して、合意(コンセンサス)に至る、会話のキャッチボールを上手く行える能力を磨くことです。

 


その6:yes,butで肯定してから反対意見を言う

相手が何を言い出しても、肯定的に応答し会話を続けること。自分が知らないことを言い出しても、いきなり反論せずに、yes,butで肯定してから反対意見を言う。この一手間を惜しまないこと。「コミュニケーション能力」という言葉は、換言すれば、思いやりや共感の能力のことなので、自分の立場からの考えばかりでなく、相手の立場に立って考えることも非常に重要な事になります。特に、上役ともなれば、常にその人間性の度量や力量が問われていますので、要注意です。

 


その7:相手と適度な頻度でアイコンタクト

アイコンタクトが全く無いと相手は不安になり、アイコンタクトしたままでは睨まれているように思います。アイコンタクトにはいくつか注意点があります。まず、過度のアイコンタクトは避けること。長い時間見続けると互いに緊張することがあります。そうなっては相手にも失礼ですので、適度に目をそらしましょう。会話の中で話にうなずくときに、それと連動して目を上下に動かすのもいいでしょう。

 


その8:ボディーランゲージ

口で分かったと言うだけでなく、うなづいてメモを取ると相手は安心します。人の「非言語、ボディー・ランゲージ」を敏感に読み解くポイントをおさえておくだけでも相手の感情を読み解くカギを手に入れることが出来ます。注目すべきポイントは以下の通りです。

・顔の表情
顔の表情からは、感情ばかりではなく、その人が大切にしている価値基準などもわかります。
・姿勢、ゼスチャー
コンテクスト(文脈、場所、環境、背景など)によって変わるのですが、「あるコンテクストにおける特定の姿勢、ゼスチャー」については、よく観察しておくとことが大切です。
・声
話し手が聞き手に与える、声のトーン、イントネーション、スピード、声質などの言語に付随する周辺情報から感情を読み解くヒントを得る事が出来ます。
・服装、アクセサリー、ライフスタイル
その人が自分に直接身に付ける服、アクセサリー、ライフスタイルには、本人の「価値基準」が現れています。
のように、言葉を介さなくても、感情を伝達しあうことは出来るのです。

 


その9:相手が何を言い出しても、肯定的に応答し会話を続ける

自分が知らないことを言い出しても質問するなどして、とにかく、持ち時間を会話でつなぐこと。「知性のある行動」は、見聞きしたことや体験したことをもとに、様々な状況判断をしなければならず、大変難しい作業です。最終的に良い結果をだすためには、自ら苦難に立ち向かわなければならないときもあるでしょう。事前にそれを分かったうえで実行できる人は、間違いなくコミュニケーション能力の高い、「知性のある人」なのです。

 

如何でしょうか。

社内コミュニケーション能力を効率化!管理職ができる診断9つ、と題して管理職に求められる能力を分析してきました。管理職とは、辛い立場でも、ありますが、コミュニケーション能力を発揮して、社内の活性化に寄与されることを望んでいます。コミュニケーションの最も重要な点は、信頼と共感です。さらに、管理職ともなれば、そこに、思いやりも必要です。信頼感に基づいた人間関係の構築に配慮することが、近道になるでしょう。

 

まとめ

社内コミュニケーション能力を
効率化!管理職ができる診断9つ

その1:部下のことを認めてくれる人であること
その2:世話を焼いてくれる人であること
その3:面白い人であること
その4:質問にも法則あり
その5:相手に反論せず、肯定で答える
その6:yes,butで肯定してから反対意見を言う
その7:相手と適度な頻度でアイコンタクト
その8:ボディーランゲージ
その9:相手が何を言い出しても、肯定的に応答し会話を続ける


連記事