昇格試験の面接、知っておきたい人事から問われる7つの質問

昇格試験の面接、知っておきたい人事から問われる7つの質問
ITは、駆使できても、英語が堪能でも、学歴が高学歴でも、一流企業に入社していても、公務員でも、出世ができない人はいます。出世が人より遅い人もいます。そのような人は、何か問題があったり、コミュニケーションを取ることが苦手だったりという人が結構多いです。自分で気が付いている人は、それなりの対処方法を見つけることができるでしょう。気が付いていない人で、なぜ自分は出世しないのかとイライラしている人もいるでしょう。昇格試験の試験では、良い点を取っていても、評価はどうでしょうか、面接では、実際のその人の色々な能力を判断されます。人事から昇格試験で問われる質問についてどのようなものがあるのか考えてみましょう。

 

昇格試験の面接、
知っておきたい人事から問われる7つの質問

 


今まで、どのような仕事をしてきましたか。

今までどのような業務を担当して、どのような仕事をしてきたでしょうか。これらについて、簡潔に答えていく事が大切です。それらをこたえる中で、業務をしっかりと分かっているかということや、責任感があるかということや、熱意をもって仕事をしてきているかということを相手に分かるように言葉にして、態度でも表現することが大切でしょう。

 


職場環境はどうですか。

職場環境について、現状を把握しているかということを見られるかも知れません。自分だけが自分の仕事をしているというのでは、昇格をして、人の上に立つということは難しいかも知れません。自分がいる課の状況や課全体の業務の流れや動きについて、現状を把握しておくことが必要です。役職のある人が職場環境を整える支持を出すという点では、職場環境そのものについても質問されることもあるでしょう。

 


現状の業績についてどう感じていますか。

営業所での営業マンなら営業成績について、実績を聞かれるかもしれません。その場合には、課全体の目標数値や実績数値について、すぐに答えられるようしておく必要があります。暗記できないならば、すぐに答えられるように、手帳にメモをしておくということも可能でしょう。業務的な事だけでなく、経営的なセンスがあるのかないのかということは、営業成績が関係する職場では、とても大切な事です。経理を制する者は経営を制するとも言われます。

 


今後してみたいと思っていることはありますか。

今後の目標として、数値的な目標でも良いですし、営業展開でも良いでしょう。熱意があるのかどうなのかを見られます。熱意のある人には、仕事を任そうと相手も思うはずです。希望の部署があれば、そこで自分がどんなことをできるかという可能性を答えるのも良いでしょう。適材適所で人事は、異動も考えているでしょう。

 


改善すべき業務はありますか。

この質問も、その人が自分の配置されている部署において、全体を考えて、目配りできているかということや、気が付く人かどうかということを見ています。そして、改善したら良いと思うことがあれば、考えを述べると、改善提案ができるということをアピールすることになるでしょう。すでに、いろいろと改善してきたのなら、こういうことがあって改善提案をして、改善して、どうなったのかという結果を話すと、さらに効果があります。答える時には、簡潔に相手に分かりやすく話すことが必要です。意外に、相手に伝わっているだろうと思っても、こちらの言いたいことが100パーセント伝わっていないということも言葉によるコミュニケーションではよくあることなのです。

 


仕事仲間についてどうかんがえていますか。

もしかしたら、問題人物がマークされているかも知れません。その情報を人事が持っているかも知れません。そのことについて、あなたも感じているなら、それとなく伝えるというように話をすることが必要かも知れません。気が付くということは、感覚が鋭いということで、対外的には、相手への気配りも出来ます。鈍感で相手に不快を与えるということもあります。もし、問題となる人が上がる場合には、そこをどのようにカバーしているかを話すことも大切です。人の上に立つ場合には、下の人の面倒見が良いということも大切な事となります。厳しい職場では、指導したり、厳しい判断を下すという役目を負うかもしれません。

 


プライベートについての質問。

仕事は順調なように見えても、プライベートでは、何か問題は無いでしょうか。全く問題が無い人はいないものですが、プライベートが充実してこそ、良い仕事ができるというものです。もし、伝えておいた方が良いということがあれば、こんなことを抱えているという事を話すことはデメリットにはなりません。反対に、配慮をしてくれるかも知れません。そして、趣味などがあれば、質問をされるかもしれません。プライべートな趣味も対外的にも社内的にもコミュニケーションの切っ掛けとなります。人脈が広がるチャンスになるかも知れません。

 

いかがでしたか。

人事というと、会社の要の一つです。優秀な人が揃っています。昇格の面談では、人の上に立つ人を探しているので、相手も真剣です。何も考えがなく、面談を受けるということが無いように、準備というものをしっかりとして、自分の考えを述べれるようにしましょう。あまりにも尖った意見をするのは良くないかもしれません。意地悪な質問をされる場合もあるでしょう。そのような場合でも、どのように切り出してくるかということを見ていたりします。かっとなったり、焦りすぎたりしないように、練習をしておくということは面接の場合には、余裕をもたらす策でしょう。

 

まとめ

昇格試験の面接、
知っておきたい人事から問われる7つの質問

・今まで、どのような仕事をしてきましたか。
・職場環境はどうですか。
・現状の業績についてどう感じていますか。
・現状の業績についてどう感じていますか。
・今後してみたいと思っていることはありますか。
・改善すべき業務はありますか。
・仕事仲間についてどうかんがえていますか。
・プライベートについての質問。

連記事