集団面接のマナーで好印象を与える方法、周りと差をつける7つの術

集団面接のマナーで好印象を与える方法、周りと差をつける7つの術
今、まさに就職活動をしている人はとても多くいるんではないでしょうか?そこで大きな別れ道を作るのは面接だと思いませんか?面接が苦手・・・という方もかなり多くいると思います。就職活動や受験でもこの、面接というものは嫌でも通らなくてはならない道なのです。それを事前に準備や備えをすることで少しでも改善できるとすればどうでしょうか?面接にも種類がいくつかあります。その中でも、もっとも多いいのが個人面接や集団面接です。今回は、集団面接のマナーで好印象を与える方法、周りと差をつける7つの術をご紹介していきたいとおもいます。

 

集団面接のマナーで好印象を与える方法、
周りと差をつける7つの術

 


外見から差をつける!

初対面の場合、やはり第一に視界に入ってくる印象から第一印象というものが決まってしまいます。さっき確認したはずでも面接の直前に、ネクタイの少しのずれやちょっとしたゴミがついていることもあるので、面接の前にはトイレに行くなど持参した鏡で身だしなみをチェックするといいかもしれません。面接の第一印象は、なによりも清潔感が一番重要です。爪の切り忘れもないように、細かいところにも気を使い望みましょう。身だしなみ、髪型を整えるなど自分が今出来るベストの容姿で望みましょう。

 


自然な笑顔で好印象を与える

緊張して笑顔なんて作れない!という人も多くいるはず。しかしずっと固い表情のままですと、真面目という印象の反面、固い人という印象になってしまいがちです。表情筋を鍛えることによって緊張した場面でも微笑む事ができるようになります。お風呂に入りながらや、ちょっとした時間に表情筋を鍛えるエクササイズなどしてみては如何でしょうか?もちろん、笑いすぎもNGです。ほほえむ程度で好印象を与えましょう。

 


大きな声で自信を持って発言する

第一声、入室の時のあいさつはとても重要です。ここをクリアすれば後の受け答えも大きな声で発言することができます。小さい声や、いつもより低い声で話すのはNGです。暗い印象になってしまい、マイナスです。話すときはいつもの声のトーンより少し高く明るい声で発言しましょう。テンションが上がったときや嬉しかった時など自然とトーンが高くなった経験はあると思います。緊張している場面でも、コツとして少し笑顔で話すと声のトーンは自然と高くなるので実践してみてくださいね。

 


話し方で差をつける

喋り方はその人の性格、感情などを読み取ってしまいます。もごもごと喋ってしまうと自信がないのかと感じてしまったり、早口で喋ってしまうと相手は上手く聞き取れなかったりしてしまいます。緊張している中、自分はゆっくりと喋っているつもりでも周りから聞いたら早口になっている場合があります。大げさにでも、ゆっくり、はっきりと、自信を持った喋り方で発言し好印象を与えましょう。集団面接なので他の学生が同じようなことを発言してしまったということもあります。しかし全く同じということは有得ない事なので、焦らず、自分の言葉ではっきりと話せるようにしておきましょう。

 


堂々と胸を張って

肩が丸まっていると元気がなさそうに見えてしまったり自信がないのかと思われていまいがちです。他の人と並ぶと尚更目立ってしまいますよね。歩くときや立っている時だけでなく、椅子に座っているときも重要です。背筋をピンと伸ばして座りましょう。背筋を伸ばす事によって相手にポジティブな印象を与えます。印象もいいですよね。これは習慣で身につくものなので日常生活から意識をしてみてください。

 


目を見て発言する

恥ずかさや緊張などで目を背けてしまいがちな面接。目をみて話すことによって、あなたのヤル気や気持ちなどが伝わります。目を見て話せる人、目を見て話せない人では印象が大きく変わってきます。どうしても背けてしまいそうな人は目の少し下を見て話すといいかもしれません。友達と話をする時など、あなたは人の目を見ていますか?これも日常生活から癖を付けて面接に望みましょう。

 


会場をでるまで気を抜かない

集団面接で一番やってしまいがちなのが、気を抜いてしまうことです。自分の番が終わるまで気を張っていたのに自分の発言が終わりホっとしてしまって、力が抜けてしまう方が多くいます。常に面接官はあなたを見ています。うとうとしてしまったり、姿勢が悪くなってしまったり、中にはあくびをしてしまう人もいるようです。集団の中、気を抜いてうっかり・・・は、とても目立ってしまうので会場をでるまで、気を抜かずに気を張ってくださいね。

 

いかがでしたか。

これらのマナーは集団面接に限らず、どんな場面でも必要になってきます。特に今回は比べられてしまう集団面接の中での、基本的なマナー、差を付ける、好印象を与えられる7つの術をご紹介しました。集団面接では他の学生の発言も聞くことが出来るので、勉強になる事もありますね。集団面接を苦手な場ではなく、得意な場にしたいですね。人生を大きく左右する面接、少しでも自信になれば望む姿勢も変わってくるのではないでしょうか?今回お話した事をマスターできればどんな場面でもきっとあなたの力になります。リラックスをして自分らしく、望んでみてくださいね。

 

まとめ

集団面接のマナーで好印象を与える方法、
周りと差をつける7つの術

・外見から差をつける
・自然な笑顔で好印象をあたえる
・大きな声で自信を持って発言する
・話し方で差をつける
・堂々と胸をはって
・目を見て発言する
・会場をでるまで気な抜かない


連記事