先生が貰って喜ぶプレゼント☆年代別おすすめ小物

先生が貰って喜ぶプレゼント☆年代別おすすめ小物
進級のときや卒業のときに、お世話になった先生に素敵なプレゼントをしたい!そんなあなたに、先生の年代別に最適なプレゼントを紹介します。長年にわたってあなたと関わり、人生について深く物事を教えてくれる存在の先生は、あなたの人生の中で親の次に感謝すべき「恩人」といっても過言ではありませんよね。

しかし先生は親とは違い、別れのときが必ずやってきます。あなたの成長を見守り、支え、よい方へと導いてくれた恩師である先生に、感謝の気持ちを込めて贈り物を選んでみましょう。もちろん、あなた一人ではなくクラス全体で気持ちを一つにして心をこめてプレゼントをしましょう。ではご覧ください。

 

先生が貰って喜ぶプレゼント☆
年代別おすすめ小物

 

20代の先生の場合

20代の、先生としては「新米」と呼ばれる年代の先生に喜んでもらえるプレゼントはなんでしょうか?先生になりたての時期として、最初に受け持ったクラスの生徒たちは、の先生のこれからの教師人生においても思い入れの深い生徒たちになることでしょう。

ですから、20代の先生へプレゼントをするのなら、生徒たちの顔や文字が残る品物が最適です。日常的に使えるマグカップや、壁に飾れる寄せ書きなどを送ってみてはいかがでしょうか?先生のこれからの教師人生を何度も支えてくれる心温まる品になるでしょう。

 

30代の先生の場合

新米教師だった20代のころとは違い、「先生としての自分」を明確に作り上げていこうとする30代の先生には、その心構えを支えるような品物をプレゼントすると喜ばれるでしょう。先生という仕事柄、年がら年中書き物を余儀なくされるはずです。書き物をするときに、生徒から送られた万年筆などを使用すれば、教師としてのモチベーションもあがり、喜ばれることでしょう。

ペン類は寿命が短いので、それらを収納する筆箱などもお勧めです。筆記用具は教師の必需品ですから、使用する機会も需要も多く、外れることはありません。

 

40代の先生の場合

先生も40代にもなれば、何度も担任を請け負って、生徒からのプレゼントも一通りの種類をもらっていることでしょう。その中で、似たような品を送ってもマンネリ化してしまいます。20代30代の頃とは違う、一ひねりしつつも日常でよく使うものをプレゼントしたいところですよね。

教師に必須のものと言えば筆記用具ですが、それらを整理するためのペン立てなどはいかがでしょうか?机の上に置いて使用するため、目にするたびにそのペン立てをプレゼントしてくれた生徒たちのことを思い出し、心温まることでしょう。ただのペン立てではなんですから、どうせなら生徒の寄せ書きペン立てにしてみましょう。送られたときにほろりときてしまうこと間違いありません。

 

50代の先生の場合

50代にもなればベテランの先生です。低学年の子どもたちを相手にするには少しお疲れかな?なんて失礼な考えですが、そんなお疲れの先生を思いやってのプレゼントであれば失礼であろうとも喜ばれることは間違いありません。疲れをいやすためのグッズを中心に考えてみましょう。

「50代の疲れ」と言えば「目」「肩」「腰」でしょうか。「目」の疲れには老眼鏡や眼鏡ケースなどが思いつきます。「肩」の疲れにはマッサージ機や枕などいかがでしょうか?「腰」の疲れには、職員室の椅子に使える座布団などいいのではないでしょうか。50代ともなれば、先生へのプレゼントも渋く現実的になってきますが、心がこもっていればOKです。「これを使って疲れをとってくださいね!」なんて言葉を添えると尚一層思いやりが感じられて喜ばれますよ!

 

60代の先生の場合

60代の先生ともなればいつ引退してもおかしくないと考え、プレゼントも引退後を視野に入れたものを考えてみると良いでしょう。引退した後も、そのプレゼントをみては「教師だったころの思い出」を思い出し、頬が緩んでしまうようなものがおすすめです。庭に植える植木などはどうでしょうか?年々大きくなり、実をつけるような植木ならば、生徒たちの思い出も永年花を咲かせることになるでしょう。

小ぶりのプレゼントであれば、盆栽などもお勧めです。味のある趣味のいいプレゼントとして、先生の心も和むこと間違いありません。

 

以上、先生が貰って喜ぶプレゼントを年代別に紹介しました。20代から60代までの幅広い年代を視野に入れての推奨プレゼントですが、ここに書かれているものでなくとも、また、ありきたりなものでも安価なものでも、先生に対する感謝の気持ちを込めて一生懸命みんなで頭を悩ませて考えて用意したプレゼントであれば、どのようなものでも喜ばれることは間違いありません。

「お世話になった先生のために!」と頭を悩ますその行動だけで、先生にとっては何よりのプレゼントなのですから。物や質にこだわらず、感謝の気持ちを思いやりをこめて、心からのプレゼントを用意してください。もらった先生にとっては、一生の宝ものになることでしょう。


連記事