仕事したくない時、誰でも簡単にやる気が湧き起こる7つの方法

仕事したくない時、誰でも簡単にやる気が湧き起こる7つの方法
社会人になると、「仕事したくない…」と思う時、ありますよね。新入社員の何割かがいわゆる「5月病」にかかるといわれているように、どんなにやる気があった人でも、ちょっとしたきっかけで「仕事したくない」と思うようになってしまいます。しかし、社会人たるもの、若手でもベテランも関係なく、責任をもって仕事をはたさなければなりません。今回は「仕事したくない」と思った時に試して頂きたい、7つの方法をご紹介します。

 

仕事したくない時、
誰でも簡単にやる気が湧き起こる7つの方法

 


その1:音楽を聴く

音楽には脳を活性化させたり、前向きな気持ちにさせてくれる効果があると言われています。自分の好きな音楽であればなおさら。聴くのはどんな音楽でもOK。ノリノリの音楽を聴いて勢いをつけるもよし、ゆったりとしたヒーリングミュージックで気持ちを落ち着かせて仕事に取り組むもよし。ただし、できれば暗い曲やネガティブな歌詞の曲は避けた方がよいです。場合によっては余計にやる気がなくなってしまいます。大切なのは、音楽に身を任せて一度仕事のことを忘れるということです。

日頃から、「この曲を聞くとやる気がでるなぁ」という曲をリスト化しておくよいでしょう。その中から今の気分にもっともあった1曲をチョイス。自然と、作業もスムーズに進みますよ。

 


その2:目標を書き出す

「仕事したくない」と本気で思う時は、仕事のことを考えるのも嫌になりそうですが、そこでぐっと我慢し、「何時までにこれをやる!」「このクライアントから受注する!」と、自分で設定した目標を書き出してみましょう。デスクの目につく場所にはっておけば、いやでもやる気がでそうですね。仕事がひと段落したとき、席を立つ瞬間、電話に出るタイミングなどに自然に目に入ることで、目標が頭に自然にすりこまれ、やる気をひきおこします。

 


その3:ごほうびを考える

「仕事したくない」と思うひとにおすすめしたいのが、やはりごほうび。甘いもの、欲しかったバッグ、飲み会など、自分にとってストレスを解消できるものがよいでしょう。「これが終わったら、○○をする!」というごほうびのことを考えれば、自然とやる気もでてくるもの。一番手っ取り早い方法でもあります。

 


その4:ストレッチで体をほぐす

長時間のデスクワークや、立ちっぱなしの仕事だと、同じ姿勢で居続けることで筋肉が凝り固まり、モチベーションも下がってきてしまいます。それが「仕事したくない」という気持ちにつながってしまうのです。ですから、「仕事したくない」と思った時には、少し席を立って、廊下やトイレなどでストレッチをしてみましょう。腕や足の筋肉を少しのばしてほぐすことで、体に刺激が与えられやる気が出てきますよ。

 


その5:机や身の回りの整頓

「仕事したくない」と頻繁に思う人に多いのが、机が散らかっている人。中には机が見えないほどに書類や文房具などが散乱し、やる気を失っている場合も。やはり、新鮮な環境で仕事をする方がやる気は出るものなので、こういう人はまず、一度机の整理整頓・掃除をしてみましょう。思いのほか不要な書類や資料がたくさんあってびっくりするかもしれません。時間があるなら、できれば拭き掃除なども行って、清潔な状態に保ちましょう。

 


その6:成功した自分、失敗した自分をイメージ

「仕事したくない」と思ったら、まず、「ここで頑張って成功した自分」のイメージをしてみてください。「今頑張って資料を作成したおかげでプレゼンが成功し、クライアントからの受注につながった!」という具体的なストーリーを思い浮かべられればなおよいですね。成功した自分をイメージしたら、次に「失敗した自分」をイメージしてみましょう。「今サボってしまったがばっかりに、プレゼンは不発に。クライアントからの受注を逃したばかりか、上司からの評価もガタ落ち。これからどうしよう!?」と、ちょっと大げさなくらいの姿をイメージするのがよいです。

マンガのような話ですが、この方法が意外と効果があるようです。「こうしちゃいられない!」と焦る気持ちが、やる気をおこさせてくれるのですね。

 


その7:To Doリスト、優先順位で仕事をコントロール

目の前の仕事が多すぎるあまり、「仕事したくない」という気持ちになってしまったなら、その仕事の量から考えましょう。目の前の仕事は、本当にすべて今日やらなければいけないものですか?ひとつひとつ吟味し、やるべきことをリストアップし、そして優先順位をつけてみましょう。おのずと、「これは後でもいいな」という仕事が出てきます。思っていたよりも、緊急の仕事というのは少ないものです。これでやる気を出しましょう。

 

いかがでしたか。

「仕事したくない」と思った時に自分で自分をコントロールするための、7つの方法をご紹介しました。自分に合ったものがあれば、ぜひためしてみてください。

 

まとめ

仕事したくない時、
誰でも簡単にやる気が湧き起こる7つの方法

その1:音楽を聴く
その2:目標を書き出す
その3:ごほうびを考える
その4:ストレッチで体をほぐす
その5:机や身の回りの整頓
その6:成功した自分、失敗した自分をイメージ
その7:To Doリスト、優先順位で仕事をコントロール