着任の挨拶、仕事仲間に好印象を与える7つのポイント

着任の挨拶、仕事仲間に好印象を与える7つのポイント
会社員のみなさんがそわそわする人事異動の季節、転勤になったらどうしようとか、役職が変わるのではないかとドキドキ・ワクワクしている方も多いですよね。ですが、人事異動は私たちがどう頑張ってもどうなるものでもありません。よって、頑張りどころがないのです。そう流れに身を任せるのみ。そこで今回は、人事異動の先を見据えたお話、あなたが人事異動になって新しい部署についた時に行う着任の挨拶についてお伝えします。

30秒~1分という短い自己スピーチの中で好印象で自分のことを知ってもらうのはなかなか難しいことですよね。

そこで、今回は着任の挨拶の時に仕事仲間に好印象を与えるポイントをテーマにお伝えします。ではご覧ください。

 

着任の挨拶
仕事仲間に好印象を与える7つのポイント

 

 

声は明るめのトーンで

第一声は、明るく大きな声で話しましょう。結構第一声って、大事です。

最初から小さい声で話してしまうと、その後なかなか大きな声では話づらいですよね。でも最初から大きな声で話すと、結構そのまま持続するものです。

また、声が大きくても低めのトーンだと「こいつ、迫力あるな」という印象を持たれてしまいます。大きな声で、ハイトーンで話すことが一番好印象になるはずです。

 

内容はポジティブに!

自己紹介の内容は、100%ポジティブに行きましょう。

例えば、自分が前の部署で得たこと、それを今後どう活かしていけるのか、新しい部署でやってみたいこと、人事異動を聞いたとき嬉しかったなどポジティブな内容でまとめれば、特に素晴らしいことを言う必要はありません。

間違っても、「この部署は全然希望の部署ではなかったので、不安で不安で・・・」などと言うことは絶対にやめてください。

 

キャッチコピーをつけよう

新しく部署に異動してきた人が自分だけだったら、別にキャッチコピーもいらないと思います。けれど大企業にお勤めの皆さんは、部署単位で言うと何十人で異動することも珍しくありません。

ですから、より自分のことを覚えてもらうようにキャッチコピーは実に有効的です。

例えば、仕事面での自分の特性を活かして「営業スマイルなら誰にも負けない○○です!」とか、プライベートな面を活かすのならば「こんな顔して、スイーツ大好き中年の○○です」などと少し笑いを取るようなものもいいかもしれませんね!

 

誘いやすくなるような言葉をプラス!

新しく部署に来た人には、誰だって興味津々です。いったいどんな人だろう?もっと話してみたいな~と思ってもらえるように、相手が誘いやすくなる言葉も入れ込んでおきましょう。

「ラーメンが大好きです。昼休み、どんどん誘ってください」とか「仕事終わりのビールがやめられません!どなたかお付き合いください」とかです。

仕事上でうまくやっていくには、他の場面でも親しくなっておく必要があります。新しい部署に異動して、しばらくはお誘いを断らないで、参加するのもとても大事なコミュニケーション方法ですよね。

 

プライベートなことを話そう

せっかく頂いた自己紹介の時間を、名前だけ言って終わりなんてことにしないでください。名前以外のプライベートな点もお話しされてはいかがでしょう

例えば、家族のこと、出身地、好きな食べ物、趣味、特技などです。それって、知って何になるの?ということでもオッケーです。目的は、自分に興味を持ってもらうこと、また打ち解けやすくなることですので・・・。

例えば、こんなのはいかがでしょうか?「私は、大阪府出身です。毎朝、目玉焼きにはソースをかけて食べていますが、東京に来て醤油で食べる人がいてびっくりしました。」などです。全然関係ないでしょ!って突っ込まれるのも、ちょっとおいしいなぁ位のスタンスで結構です。

 

一人一人の目を見て話そう

天井を見ながら話したり、手をもじもじさせて話すのはやめましょう。一人一人と目を合わせて、笑顔で話すことがとても大切です。

 

自宅で練習しておこう

いくら人前で話すことが得意な人でも、いざ話すとなると頭が真っ白になってしまう場合もあります。そこで、自宅で練習をしていきましょう!自分は出来るんだと過信しないで、練習することがうまく言えることに必ずつながっているのです。

 

いかがでしょう、着任の挨拶の時に仕事仲間に好印象を与えるポイントについてお伝えしました。着任の挨拶を緊張しないで言える人はなかなか居ませんよね。けれど、緊張しながら、笑顔できちんと話すにはいくつかのポイントと事前の練習をしておけば間違いないですよ。

さぁ、ドキドキの人事異動、是非今回お伝えしたポイントを試して、新しい場所で好印象なスタートを切ってください

まとめ

着任の挨拶の時に好印象を与えるポイント

・声は明るめのトーンで
・内容はポジティブに!
・キャッチコピーをつけよう
・誘いやすくなるような言葉をプラス!
・プライベートなことを話そう
・一人一人の目を見て話そう
・自宅で練習しておこう