仕事のやる気スイッチが簡単に入る!9つのモチベーションアップ術

仕事のやる気スイッチが簡単に入る!9つのモチベーションアップ術
連休明けの月曜日など、通勤電車の中で「はぁぁ…」とため息をついていませんか?月曜に限らず、どんな仕事でも、気分がのらない、やる気がでないという時はありますよね。でも、やる気がない状態で仕事に取り掛かっても、効率は悪い、スピードも遅い、精度は低い…と良いことはありません。それどころか重大なミスにつながってしまうこともあります。そんなトラブルを回避するためにも、仕事のやる気を出すためのモチベーションアップ術を覚えておきましょう。

 

仕事のやる気スイッチが簡単に入る!
9つのモチベーションアップ術

 


その1:「あの時、ああしていれば…」という記憶

誰にでも仕事での過去の失敗談はあるもの。やる気がなく、集中力が足りなかったばっかりにミスにつながった過去の失敗例を思い出してみましょう。取引先に迷惑をかけたり、上司に怒られたり、深夜まで残業をするはめになったり…。誰にも経験があることとはいえ、もう2度と、あんな思いはしたくない!そんな思いがやる気につながり、仕事への前向きな気持ちを呼び起こしてくれます。

 


その2:尊敬する上司、ライバルの同僚のことを考える

やる気が出なくてだらだらしてしまっている自分のことを、上司に見られてもよいですか?いつも張り合っているライバルに、サボっているところを知られてもよいですか?どうしても仕事のやる気がでない場合は、やる気がない自分を一番見せたくない相手のことを考えましょう。自然と、やる気が出てくるはずです。

 


その3:お茶やコーヒーでリフレッシュ

長いこと仕事を続けていたり、机の前で思い悩んでいるとどうしても集中力が落ちてきます。こういう時は外部から刺激を入れてリフレッシュしましょう。一番手軽に試せるのは、やはりお茶はコーヒーといったカフェイン飲料。脳を活性化させる作用もあるので、適度にとってやる気を出しましょう。お気に入りのハーブティやコーヒーがあれば、職場に常備しておき、ここぞという時に飲んでみてください。大切なのは、「これを飲んだらやるぞ!」とモチベーションをあげることです。

 


その4:自分へのごほうびを設定する

一見、安易な方法に思えるかもしれませんが、やはり人間、ごほうびがあると頑張れるもの。「この仕事が終わったら、チョコレートを食べよう」「今夜はあの映画を見よう」と、ちょっとしたことでもよいので自分へのごほうびを考えて、やる気を出しましょう。長期にわたる大きなプロジェクトを抱えているならば、「達成したら海外旅行へ行こう!」という大きなごほうびでもOKです。

 


その5:トイレに行く

一番スムーズに、しかも自然な形でリフレッシュする方法が、トイレに行くことです。ただし、普通にトイレに行くのではなく、「やる気を出すために」いくことが重要。少しだけ長めに時間をとって、数分間何も考えずにじっとしてみましょう。意外と効果的かもしれません。また、トイレに行ったら手を洗うので、冷たい水で手や顔を洗うのも刺激につながります。さらに、鏡の自分に向かって「さぁ、やるぞ!」と呼びかけてみれば、きっと仕事のやる気がでるはず。試してみてください。

 


その6:買い物をする

靴や洋服、雑貨など、普段なかなか買えなくて我慢している、ちょっと贅沢なものを思い切って買ってしまいましょう。もちろん、買ったからには、頑張らないと!というやる気を出すのが目的です。仕事で煮詰まってしまって、数日間やる気が出なくて困っているという方におすすめ。ただし、買いすぎには気を付けてください。

 


その7:デスク、身の回りの整理整頓

よく、「デスクの乱れは心の乱れ」と言いますが、デスクワークをしている人に限らず、身の回りを整理することで仕事のやる気がでることがあります。書類やペットボトル、文房具などが散らかったままの環境だと、どうしてもだらだらしがち。ピカピカにする必要はありませんが、デスクが見えないくらい散らかっている人は少し時間をとって、身の回りをきれいにしてみましょう。

 


その8:ストレッチをする

同じ姿勢でずっと仕事をしていたり、立ち仕事の場合は体が凝り固まってしまうことも。血液の流れも悪くなり、モチベーションも下がってしまいます。こんな時はストレッチが有効です。手や足の筋肉をほぐし、体に刺激を与えることで、仕事のやる気をだしましょう。

 


その9:作業計画をつくる

最後にご紹介したいのは、ずばり「やることリスト」の作成です。仕事がたまっている人は、ひとつひとつこなすことをリストアップしていきましょう。はじめはあまりの多さにうんざりするかもしれませんが、ひとつ完了するごとに印をつけていけば、「これだけ終わった!」というのも見えやすく、やる気のアップにつながります。

 

いかがでしたか。

「やる気が出ない…」と悩んでいる人も、案外簡単な方法でやる気を出すことができるもの。自分に合った方法でモチベーションをコントロールすれば、いままでよりももっと効率的に仕事を進められることでしょう。ぜひ、試してみてください。

 

まとめ

仕事のやる気スイッチが簡単に入る!
9つのモチベーションアップ術

その1:「あの時、ああしていれば…」という記憶
その2:尊敬する上司、ライバルの同僚のことを考える
その3:お茶やコーヒーでリフレッシュ
その4:自分へのごほうびを設定する
その5:トイレに行く
その6:買い物をする
その7:デスク、身の回りの整理整頓
その8:ストレッチをする
その9:作業計画をつくる


連記事