最終面接

面接

昇格試験での面接、人事部長から確実に問われる7つの質問

出世はだれでもその時期が来れば出世をしたいものでしょう。次に来る昇格のチャンスに備えて、昇格試験の面接で、確実に問われると考えられる7つの質問について、一緒に考えてみたいと思います。
面接

最終面接で落ちる人or受かる人?決定的な7つの違い

就職活動において、書類選考から複数回の面接を経て最終面接まで残ったのに、せっかくのチャンスをものに出来ない人がいます。最終面接で採用を勝ちとる人は落ちる人と何が異なるのか。違いについて7つのポイントを紹介していきます。
受かる就職活動

面接官が必ずダメ出しする、最終面接の逆質問7つ

最終面接では、必ずといっていいほど最後に「何か質問はありますか?」と、面接官へ逆質問の機会が与えられます。今回は、その意図をくみとれず、最終面接で面接官に「不採用だな」と思われてしまう質問例をご紹介。
面接

最終面接で特に際立つ人に共通する7つのこと

希望する仕事内容・待遇と照らし合わせて企業を選べる、いわゆる勝ち組。彼らは、周囲の学生と比較してみると発しているオーラが異なっています。特に最終面接においては他とは異なる風格を表しています。一体何が違うのでしょうか。
受かる就職活動

ここで差がつく!内定を獲得できる最終面接の逆質問9つ

就職活動や転職活動の最終面接では、最後に「質問はありますか?」と聞かれます。面接官は、この「逆質問」よって、業界に関する知識、会社への興味の度合い、「質問力」を評価しています。逆質問をして、よい印象を残しましょう。
面接

最終面接、ライバルに差をつけ内定を獲得する9つの方法

面接は内定を勝ち取らなければ何の意味もありません。最終面接は「意思確認の場」として、内定はほぼ確定しているも同じと高をくくっていると、痛い目に遭うでしょう。ぜひ、以下の9つのポイントを意識して最終面接に臨んでください。